小学5年生個人レッスン(半田市)〜トレセンに受かるには?〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:6レッスン 目的(悩み):トレセン2次試験合格、トラップの正確さ。


親御様から多い質問に、トレセンに受かるにはどうしたらいいですか?と聞かれます。

最近、地区トレセンの選考が再開され、既に開催された地区もあると思いますので、

今回の記事ではその議題に触れたいと思います。


まずトレセンはそのチームを受け持つ監督やコーチの好みが強い事があると思います。


実際にトレセンは育成の為に集められるのではなく、

その後の大会で勝つ為に選考されるものです。

その為、

同じレベルの選手同士であっても、

普段から指導している選手であった方が扱いやすい為選ばれやすい傾向にあります。


強いて言えば、最初から何人かは既に合格している場合も多いです。

最初から決まった子達を中心にチームを作っていった方が合理的で理想のチームを作れるからです。


またトレセン指導者のチームに属していなくても、

普段からの試合で対戦チームの中心になっているような選手は顔見知りなはずなので選考でも注目されています。

なので普段試合に出ていない子は選考日が一発勝負になるので、

より頑張らなくてはなりません。


ではそのような子達はどうしたらよいのでしょうか?


まずは目立つこと。


トレセンの選考はポイント制の場合が多いと思います。

選考の練習やゲームを回りから見ている指導者陣が気になった子にポイントを付けていきます。

一定数以上あれば合格といった方式です。


指導者全体でどういった子にポイントをつけていこうとルールはあると思いますが、

各々の指導者で好みもありますし、目につくポイントが違います。

足が速い子、競り合いが強い子、身長が高い子、基礎能力が高い子といったようにです。

このような子達は有利になってきます。


目立つために声を出す事は効果的です。


ボールを呼び込む声だけでも出さないよりはいいですし、

それが適切なコーチングも含まれば、なお良いと思います。

声を出すことでゲームでのチームの子達とも打ち解けられ、そのおかげでパスがよく回ってきたりする事もあります。


逆に、

簡単なトラップをしっかり止めれなかったり、

判断が遅かったりというミスの部分で目立ってはいけませんので、

普段から首を振って周りを見る事や止める・蹴るといった基礎的な部分は確実にこなせるように意識してトレーニングしておきたいです。


加えて、足が速い・身長が高い(体がデカイ)といった部分は非常に有利です。

その他、ボール奪取能力に優れている・競り合いに負けない・適切なコーチングで周りを動かせるといったストロングポイントがある選手はゲームでどんどんアピールしていきたいです。


しかしながら、最終的には監督の好みになります。

例え受からなかったとしても、気を落とさずに悔しさを今後の糧にしていただきたいです。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ