CPサッカー小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜基礎、土台の形成〜

最終更新: 2020年2月8日

学年:小学2年生

サッカー歴:月に1度CPサッカーに参加している

悩み(目標):身体の右半身に軽度の麻痺が有り、普通のサッカークラブには入りづらく、現状月1度の練習のみでもっと上手くなりたい。

回数:2レッスン

目的:麻痺の状態を考慮しての基礎、土台の形成


まず私自身恥ずかしながら、この子に出会うまでCPサッカーの存在を知りませんでした。今回のレッスンを通し、私自身も考え方・教え方(指導方法)の点で大きく成長でき感謝しています。

CPサッカーとは、脳性麻痺者7人制サッカー。比較的軽度の脳性麻痺選手がプレーできるように考案された7人制サッカーで、立った状態で行う脳性麻痺スポーツの中では唯一の団体スポーツです。

7人制、オフサイドがない、片手でのスローインが可能な事以外は11人制サッカーとほぼ同じルールで行われます。

ボールを止める事、インサイドキックでのパスを意識する事、普段使わない右足をどのように工夫して使う事に着目し基礎と土台の形成から始めた。

ボールを止める事は、簡単に止めたいと思う為足の裏でのボールトラップのみになってしまい後ろに流れてしまう。ここでもインサイドを意識してピタッと止める技術を身に着けた。

蹴る事に関しては、トーキック(爪先キック)であったため、パスに関してはインサイドキック、シュートに関してはインステップキック(コースに流し込む時はサイドキック)と種類分けをした。

本人は右足に不安があり実際に使いづらいのかもしれないが、こちらの印象としてはどちらも均等に使うことで今よりは右足も上達すると感じた。少しづつ改善し普通のサッカークラブでも違和感なく参加できるように成長したい。

初回レッスンということで基礎的なことを中心に、最後はトラップしてからのシュートなど幅を広げた。次回のレッスンではさらに現実的なシーンの練習を取り組めるようにしたい。

家での自主練に関し、壁パスのトラップの仕方等を宿題として、次回レッスンのときに上達した姿が見れるのを楽しみに期待しています。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ