CPサッカー小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜基礎、土台の形成〜

最終更新: 2月8日

学年:小学2年生

サッカー歴:月に1度CPサッカーに参加している

悩み(目標):身体の右半身に軽度の麻痺が有り、普通のサッカークラブには入りづらく、現状月1度の練習のみでもっと上手くなりたい。

回数:2レッスン

目的:麻痺の状態を考慮しての基礎、土台の形成


まず私自身恥ずかしながら、この子に出会うまでCPサッカーの存在を知りませんでした。今回のレッスンを通し、私自身も考え方・教え方(指導方法)の点で大きく成長でき感謝しています。

CPサッカーとは、脳性麻痺者7人制サッカー。比較的軽度の脳性麻痺選手がプレーできるように考案された7人制サッカーで、立った状態で行う脳性麻痺スポーツの中では唯一の団体スポーツです。

7人制、オフサイドがない、片手でのスローインが可能な事以外は11人制サッカーとほぼ同じルールで行われます。

ボールを止める事、インサイドキックでのパスを意識する事、普段使わない右足をどのように工夫して使う事に着目し基礎と土台の形成から始めた。

ボールを止める事は、簡単に止めたいと思う為足の裏でのボールトラップのみになってしまい後ろに流れてしまう。ここでもインサイドを意識してピタッと止める技術を身に着けた。

蹴る事に関しては、トーキック(爪先キック)であったため、パスに関してはインサイドキック、シュートに関してはインステップキック(コースに流し込む時はサイドキック)と種類分けをした。

本人は右足に不安があり実際に使いづらいのかもしれないが、こちらの印象としてはどちらも均等に使うことで今よりは右足も上達すると感じた。少しづつ改善し普通のサッカークラブでも違和感なく参加できるように成長したい。

初回レッスンということで基礎的なことを中心に、最後はトラップしてからのシュートなど幅を広げた。次回のレッスンではさらに現実的なシーンの練習を取り組めるようにしたい。

家での自主練に関し、壁パスのトラップの仕方等を宿題として、次回レッスンのときに上達した姿が見れるのを楽しみに期待しています。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com