高校1年生個人レッスン(瑞穂区)〜サッカーは高校生からでも上手くなれる〜

学年:高校1年生(16歳)

経験:中学から4年間

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎確認、ロングキック、ボランチの動き。


実際に私の生い立ちより話をさせていただくと、

小学生2年生からサッカーを少年団で始めました。

チームはそこそこ強く何度も小さな大会では優勝や上位を争った事があります。


中学生になり、何人かはクラブチームに入りましたが私は部活でサッカーをしていました。

県内の大会ではほとんど優勝や上位、全国大会の一歩前の北信越大会で敗れてしまいましたが、小中共にトレセンにも参加してました。

しかし遊ぶ事も好きで、サッカーを真剣にやってたかと言われるとあまり自身がありません。


それでもサッカーが好きでしたし、

進学は全国大会出場経験もある県内トップの高校へ入学しました。

そこで私は今までやってきたことはなんだったのだろう?と考えさせられました。

部員の殆どが選手権出場を目標にし県内から実力者が集まってきています。

まず最初の練習では全く走れませんでした。(足もつりました。)

ゲームでの動きはまだ通用しましたが、

基礎的な事や戦術に関して理解できていなかった為、高校生活で一から学ぶことになりました。


私の人生で小中は楽しんでやってるだけで、

チームも強かった為、勝てて嬉しいというだけでした。

一番成長したのは高校時代だと思っています。

基礎的な事、体力面はもちろん、戦術的な動き方など頭で考える事、サッカー以外で大切な事も学べました。


サッカーは小学生年代のゴールデンエイジが一番伸びると言われてますが、高校生からは頭で考え理解出来る能力が高くなるので練習次第でもちろんどんどん上手くなる事が可能です。

高校生から初めた子でもプロになる事は不可能ではありませんし、逆に幼児や小学生からサッカーを初めている子は私みたいに高校年代で面をくらわない為にも慢心せず自身のレベルを上げ続けてほしいと思っています。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ