幼児レッスン(天白区)〜ボールを強く蹴りたい(シュート)〜

最終更新: 2020年2月8日

学年:年少

サッカー歴:3ヶ月

頻度:週2回

目標:サッカーを始めて3ヶ月、 ドリブルやパスを理解しだし、 コーンドリブルも慣れてきてうまく運ぶ事が出来るようになってきました。

今回は強いシュートを打てるようにキックを重点して指導しています。


元々弱々しい爪先(トーキック)でシュートでしたが、 強いインステップキックができるようにボールを当てる足の位置を指導し、

しっかりと逆の腕を引いて蹴る事を意識付ける。

ボールも最初は軽いボールや小さめのボールを使用し徐々に4号球に近づけていきました。


結果的に力強いシュートが打てるようになり、

周りの子達と比べボールを蹴ったときの音も変化しました。

シュートが大好きになりました。

次は、強いシュートでも狙った方向に飛ばせるようにしよう。


この年代の子供達も呑み込みが早く、 直ぐに目に見えて成長します。


これからの成長がますます楽しみです。



62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ