幼児レッスン(天白区)〜ボールの扱い方、蹴り方〜

最終更新: 2020年2月8日

学年:年少

サッカー歴:家で遊ぶ程度

頻度:週2回 対応期間:3ヶ月

悩み(目標):サッカーを本格的に習わせたい、好きになってほしい、少しでも目に見える変化が欲しい。


現在も定期的に受講いただいてる年少の男の子です。

初めて会った時は狙った方向にある程度は意識して蹴れるレベル。

2月生まれの男の子、体格も他の子と比べ小さめですが、体を動かすのが好きなようです。


まず始めに行ったことは、ボールに慣れる事(ボールはどんな動きをするか、ボールを使ってどんなことができるか)から。

その次に、つま先でボール蹴っていた点をインステップキックor サイドキックで蹴れるように習慣づける。 ボール遊びが好きなようで積極的に家でボールを親と蹴っているみたいで、ここまでは数週間で改善しました。


1ヶ月〜3ヶ月目はボールを蹴る事だけしかわからない状態を改善。

(年少の子なのでサッカーをボールを蹴る事だと思っている)

パスやドリブル、シュートを言葉と一緒に意識づける。


成果:3ヶ月目の現在、両足でのジグザグドリブル、足裏でのトラップ(ボールコントロール)、インステップのキック(シュート)と様々な技術が向上しました。

遊びからサッカーへ目に見えるほどらしくなってきました!





66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ