年長親子レッスン(西区)〜サッカースクールは教えてもらえない細かい技術、周囲との差を埋めたい〜

学年:年長(6歳)

経験:サッカースクールで週1回

回数:4レッスン

目的(悩み):サッカースクールで教わらない細かい技術を教わりたい、自主練方法を知りたい。


多くのサッカースクールの幼児年代では、

サッカー(体を動かす事、ボールを扱う事)を楽しむ事に焦点をおかれています。

そのため正しいボールの蹴り方や止め方、ドリブルの仕方や体の使い方など、

幼児年代では教えてもらえないサッカースクールが多いです。


実際、筆者の息子が通っているサッカースクールでも同じ傾向があります。

その中でも上手い子(ドリブルが出来る・ボールが蹴れる)は、

サッカースクールとは別で(例えば父親がサッカー経験者)教わっています。

その差は日々大きくなって、子供たちのやる気にも反映されていると感じます。

「この子(上手い子)には勝てない(強い)」と消極的になってしまう子もいます。


正しい蹴り方やコツをほんの少し教えてあげるだけで、この年代の子はすぐに習得します。

今回の親子レッスンでも蹴り方・ボールへの足の当て方を修正しました。

ほんの10分足らずで見違えて成長できたと感じています。


他にも親子での鬼ごっこ(後に一対一の特訓になります)では、笑顔でお父さんに挑戦していました。








6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生グループレッスン(港区)〜体幹と基礎技術〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:9レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:9レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回は小学5年生のグループレッスンでした。 Aチーム昇格を目標に日々トレーニングしています。 今回は終始体幹トレーニングを交えながら、基礎的なことを中心に進め最後は一対一をトレ

小学4年生個人レッスン(高浜市)〜最後のパスやシュートの前に目的地を意識する〜

学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:19レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 高浜市の小学4年生のレッスンでした。 今回はトラップしてからの次の動作をスムーズに行う事を重点してトレーニングしていきました。 ①トラップ→少し横にずらして→パス ②トラップ→ドリブル移動→パス 普段から最後のパスが無意識にズレることが多く見受けられ、 パスを出す前に

小学1年生体験レッスン(緑区)〜リフティングと一対一の問題点〜

学年:小学1年生(6歳) 経験:週一回 回数:体験レッスン 目的(悩み):リフティング、一対一、試合中の動き方。 緑区の小学1年生の体験レッスンでした。 まずはキックの確認から、 サイドキックは両足ともに上手く蹴れていました。 そこでボールのどの部分にあてればピタッと止まるのか、前に押し出せるのかという部分をレッスンしました。 その後インステップキックとインフロントキックを指導しました。 三種類の