年長親子レッスン(北区)〜楽しむだけのサッカーからの切り替え〜

学年:年長(6歳)

経験:サッカースクールで週3回程度

回数:4レッスン

目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。


幼児年代のサッカースクールでは、ただ楽しめたら良いという考えの練習内容が多いです。

そのため基礎の技術や蹴り方、攻め方・守り方などをあまり教わらない為に所謂だんごサッカーになる事が多いです。

いつごろからただ楽しむサッカーからの切り替えを行うのでしょうか?


私は年長ぐらいからがその切替時期だと思っています。

パスや蹴り方などの知識を覚えて使っていける年代で、

戦術に関しても早い内から体験し、

体で理解しておくことで団子サッカーを卒業できると思います。


すこしづつ基礎の要素を教えていきつつ、楽しむことも忘れずに体で覚えさせるのがポイントです。

子供たちに教える際には、これは駄目だよと言うだけでなくなぜ駄目なのか?

理由をしっかり教えること。

例えば、団子になったら駄目と言うだけでなく、なぜ団子サッカーはだめなのか、子供たちと一緒に考えながら指導することも大切です。


答えをすぐに教えるのではなく、どうして駄目なんだと思う?じゃぁどうしたらいい?

と子供達が考え、答えを見つける事ができるようにヒントを与え、

導いていくことが大切です。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com