年長親子レッスン(北区)〜楽しむだけのサッカーからの切り替え〜

学年:年長(6歳)

経験:サッカースクールで週3回程度

回数:4レッスン

目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。


幼児年代のサッカースクールでは、ただ楽しめたら良いという考えの練習内容が多いです。

そのため基礎の技術や蹴り方、攻め方・守り方などをあまり教わらない為に所謂だんごサッカーになる事が多いです。

いつごろからただ楽しむサッカーからの切り替えを行うのでしょうか?


私は年長ぐらいからがその切替時期だと思っています。

パスや蹴り方などの知識を覚えて使っていける年代で、

戦術に関しても早い内から体験し、

体で理解しておくことで団子サッカーを卒業できると思います。


すこしづつ基礎の要素を教えていきつつ、楽しむことも忘れずに体で覚えさせるのがポイントです。

子供たちに教える際には、これは駄目だよと言うだけでなくなぜ駄目なのか?

理由をしっかり教えること。

例えば、団子になったら駄目と言うだけでなく、なぜ団子サッカーはだめなのか、子供たちと一緒に考えながら指導することも大切です。


答えをすぐに教えるのではなく、どうして駄目なんだと思う?じゃぁどうしたらいい?

と子供達が考え、答えを見つける事ができるようにヒントを与え、

導いていくことが大切です。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com