年長個人レッスン(北区)〜レッスン4回目の成長レビュー〜

最終更新: 2020年12月20日

学年:年長(6歳)

経験:サッカースクールで週3回程度

回数:4レッスン

目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。


今回で4回目(1回目は親子レッスン)となった年長さんのレッスンでした。

初めて会った時は、

落ち着きもなくレッスン中にどこかに走り回ってしまったり、

ボールが大好きでコーチの話をなかなか聞けなかったり、

年長さんだな〜という感じでした。

ドリブルもボールの蹴り方も難しく、

ステップや体を動かす遊びから徐々にサッカー的要素に近づけていった印象があります。


コロナの影響もあり、

久々に会った時にはとても成長しており、

ドリブルが大好きなサッカー少年になっていました。


ドリブルやボール扱いから、

会ってない期間もボールで遊び続けていたんだなと感心しました。

しかしキックが苦手で、

サイドキックのパスではなかなか真っ直ぐ蹴れず、

インステップやインフロントでもあまり強く蹴れませんでした。


ドリブルでは左右の足で上手くボールを扱っていたので、

パスやトラップでも左右を平等に使う事を意識し、

まっすぐ蹴る為のコツや強く蹴る為の体の使い方、足を当てる場所など修正していきました。


年齢的にも、苦手な事を練習する事・同じ事を何度も行うのが難しい為いかに違ったトレーニングで弱点にアプローチするのかという点でこちらとしてもとても楽しくレッスンできました。


4回目を終えて、

キックの面で少し安定して蹴れるようになりましたが、もっと強く蹴る事は課題としてまた残っております。

さらにドリブルが好きな子はよくボールをこねてしまいます。

するどく抜き去りシュートを撃つという点で、さらに強化していけたらと思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com