年中個人レッスン(天白区)〜ボールが来たら、すぐ蹴ってしまう〜

学年:年中(4歳)

経験:サッカースクールで週1〜2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、動き、ボールが来た時の対応。


幼児〜小学生低学年でよく見られる、

ボールが来た際トラップやドリブルという判断が無く、フリーであるのにただ前に蹴ってしまいます。

また他の子がボールを持っている際に、ボールを突くように蹴るだけで(相手にあたって膠着状態になる)、ボールを奪えない。

または横から強く蹴ってしまい、すぐにラインを割ってしまう。

ボールが奪えずみんなが寄ってきて、団子サッカーになってしまう事もあります。


色々と改善点はありますが、

まずはボールをただただ蹴る事を目的を持ったプレーに変えていきたいです。


ボールを突いてしまうのを、しっかりとした守備に切り替えて行きます。

守備の際、ボールを蹴る(つつくだけ)のではなく、相手やボールの進行方向に足や体をしっかり入れてボールを進まなくする事・完全に奪い切る事を教えます。

つま先で取りに行ってしまうと相手の勢いで怪我をしてしまうので、しっかり足のサイドでボールを止めに行けるように指導します。


またフリーでボールが転がってきた時にただ蹴ってしまうのは、せっかく自分たちのチームの攻撃チャンスが訪れたのに非常にもったいないです。

目的を持ってプレーする為にはこのボールをただ蹴ってしまうのではなく、トラップやドリブルを出来るようにしていきたいです。


そしてトラップしたらどこのスペースが空いているのか?(相手がいない所。)を判断できるようにする事。

そこを見つけられるようにするにはどうしたら良いのか?

そして方向にドリブルで向かえるようにする技術も習得していきたいです。


年中〜年長の生徒にはまだ難しい事もあるかもしれませんが、

ボールを扱う技術がある程度ついてきた子であれば、

サッカーとは?

どうしたら点数が取りやすいのか?

ボールを奪うにはどうしたら良いのか?

という部分のレッスンも早い段階で教えてあげると理解できた時の成長のスピードが早くなると思います。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com