年中個人レッスン(天白区)〜左右平等に蹴れるようにしたい〜

最終更新: 2020年2月8日

学年:年中(4歳)

経験:スクール週1〜2回

悩み(目標):この時期から左右平等に蹴れるようにしたい(本人は利き足だけで蹴りたがる)

回数:4レッスン(月2回)

目的:逆足の苦手意識をなくす、蹴って動くの習慣づけ。


昔読んだ記事から抜粋。

「日本は両足蹴れる事を重要とするが、メッシやネイマールなどスペインでプレーする際に、より確実にパスやプレーをする為にほとんど利き足しか使わない。それに気づいた指導者は、利き足を重要視してトレーニングした結果みるみる技術が向上した。」


確かに、自分も(右利き)プレーする際に左足でパスを出すよりも右足のアウトサイドでパスを出す方が正確かつ反応も早いと感じる時が度々ある。

”人間の身体は、利き足は素早くけれるように、軸足は支える為に力強く作られている。”


この考えに沿いながらチームでは練習をしています。


しかしながら、試合中にはどうしても逆足でしか届かない(絶対に逆足を使わないといけない)時が生まれる可能性がある。それがチームの勝利に関わる場面だとなおさら逆足も一定以上は使えなければならない。


今回の個人レッスンでは、年中という時期に逆足の苦手意識を克服したいという要望と蹴った後の動き出しをこの時期から徹底して身につけておく事に重点しました。

小さな子供にとって自分の苦手な事・楽しくない事はすぐに辞めて(投げ出して)しまいます。

そこで左右の足で的あてゲームから始め楽しくトレーニングすること。

的から相手(人)に変えパスを出した後の動き出しを習慣づけることをトレーニングをしました。


蹴り方は利き足に比べぎこちないもの、回数を重ねる毎に正確さは見えてきました。

まだ力強さは足りませんが、レッスンを追う毎に改善できればと思います。


逆足のトレーニングはいかに苦手意識を無くすか、本人が逆足をどれだけ使うかであると思います。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com