小学6年生個人レッスン(愛知郡)〜幼い頃からサッカーを経験してきた子の落とし穴〜

学年:小学6年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):リフティング回数、ワンプレー後の切り替え。


住んでいた場所の関係もありますが、

昔はサッカーなどの習い事を始めるのは早くても小学生の低学年だった気がします。

私もサッカーを始めたのは小学生2年の時にスポーツ少年団で始めました。


現在では数多くのサッカースクールが増え、

年少〜年中といった幼い頃からサッカーのスクールに通っていた子が多くなったように感じます。

そして幼い頃よりボールに親しんでいますので、とても上手い子も多いです。


そのような子供達は、

パスもしっかり蹴れますし、当たり前のようにボールをトラップします。


しかしながら、その当たり前が落とし穴になっている事も日々感じます。


来たボールを当たり前のように足で止める。

幼い頃より繰り返し行ってきた事なので、体がトラップの仕方を覚えていますし、

ボールをどこでもらうのか(走る方向)も自然とやっています。


当たり前になってしまっているからこそ、何も考えずに動いています。


私も高校生くらいまで何も考えずにプレーしていました。

試合を通して体が勝手に覚えているイメージです。

ある日監督から、

次にどこに動く?なぜそこに動いたか説明しろ。

と言われた時、頭は空っぽでした。


サッカーは足でやるスポーツで、体でするスポーツです。

しかし頭で考える事もとても重要であると思います。


幼い頃から培った経験でただただトラップする事から、

足のどこで・ボールのどこを、

ピタッと止めるのか、次に蹴りやすいようにすこし前に運ぶのか、

そしてなぜそうするのか?

など頭で考えながら一度練習してみるとまた一味違った世界が見られると思います。


ただ(当たり前に)プレーすることから、考えてプレーする選手に。

成長の仕方も格段に差がついてくると思います。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com