小学6年生個人レッスン(愛知郡)〜ボールを奪う為のポジショニング〜

学年:小学6年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):リフティング回数、ワンプレー後の切り替え。


今回はボールを奪う際のポジショニングの中でも、

相手がボールを回している中での自分のマークとボールの位置に対してどこにポジションを取ればいいかについて。


狙うべき優先順位として、

①インターセプト

②トラップ際

③前を向かせない

があります。


まずはインターセプトを狙う事。

自分のマークしている選手にパスが来た時にボールが渡る前に奪ってしまう。

その為にはマークしている相手とボール保持者が見える位置で、なおかつパスがマークしている相手に渡る前に奪える距離を保つ事が大切です。

また注意してほしいのが、

インターセプトを狙う事を意識しすぎるあまり自分の裏(背後)にボールを出される事です。マークしている相手に外側に回られゴールに前向きにボールが渡ってしまうので非常に危険です。


次に、パスのスピードや裏へのボールに気をつけているとマークしている相手にボールが渡ってしまいます。

その時にトラップした瞬間を狙う事。

トラップした時に少しボールと相手の距離が出来た時やボールがバウンドしている時などを狙ってボールを奪います。

この際の注意点は、

相手がトラップと見せかけてダイレクトタッチでボールだけ進行方向に行かせ遅れて自分が裏を駆け上がることがあります。

一発で抜かれるとよく言いますが、

それをさせないためにトラップ間際も狙いつつも相手の進行方向は体で防いでおけるようにしたいです。


最後に、インターセプトもトラップの間際でもボールを奪えなかった時。

相手に前を向かせない事が大切です。

ボールを奪えなくても相手に前を向かせない、時間を稼ぐ、相手にボールを下げさせる。

しっかり相手の背後にピッタリ付いて、相手がボールを後ろに下げさせることが出来れば良いです。


まとめになりますが、

相手がボールを回している中での自分のマークとボールの位置に対してどこにポジションを取ればいいのかは、

自分のマークとボール保持者が見える位置でインターセプトが狙える位置。

なおかつ裏にボールを出されても自分の方がすぐに追いつく位置である事が大切です。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com