小学6年生個人レッスン(愛知郡)〜ボールを奪う為のポジショニング〜

学年:小学6年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):リフティング回数、ワンプレー後の切り替え。


今回はボールを奪う際のポジショニングの中でも、

相手がボールを回している中での自分のマークとボールの位置に対してどこにポジションを取ればいいかについて。


狙うべき優先順位として、

①インターセプト

②トラップ際

③前を向かせない

があります。


まずはインターセプトを狙う事。

自分のマークしている選手にパスが来た時にボールが渡る前に奪ってしまう。

その為にはマークしている相手とボール保持者が見える位置で、なおかつパスがマークしている相手に渡る前に奪える距離を保つ事が大切です。

また注意してほしいのが、

インターセプトを狙う事を意識しすぎるあまり自分の裏(背後)にボールを出される事です。マークしている相手に外側に回られゴールに前向きにボールが渡ってしまうので非常に危険です。


次に、パスのスピードや裏へのボールに気をつけているとマークしている相手にボールが渡ってしまいます。

その時にトラップした瞬間を狙う事。

トラップした時に少しボールと相手の距離が出来た時やボールがバウンドしている時などを狙ってボールを奪います。

この際の注意点は、

相手がトラップと見せかけてダイレクトタッチでボールだけ進行方向に行かせ遅れて自分が裏を駆け上がることがあります。

一発で抜かれるとよく言いますが、

それをさせないためにトラップ間際も狙いつつも相手の進行方向は体で防いでおけるようにしたいです。


最後に、インターセプトもトラップの間際でもボールを奪えなかった時。

相手に前を向かせない事が大切です。

ボールを奪えなくても相手に前を向かせない、時間を稼ぐ、相手にボールを下げさせる。

しっかり相手の背後にピッタリ付いて、相手がボールを後ろに下げさせることが出来れば良いです。


まとめになりますが、

相手がボールを回している中での自分のマークとボールの位置に対してどこにポジションを取ればいいのかは、

自分のマークとボール保持者が見える位置でインターセプトが狙える位置。

なおかつ裏にボールを出されても自分の方がすぐに追いつく位置である事が大切です。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com