小学6年生個人レッスン(天白区)〜12レッスンで成長(改善)した技術例〜

学年:小学6年生(11歳)

経験:サッカークラブで週2〜3回

回数:12レッスン

目的(悩み):ボールを受けてからシュートまでの速さ、一対一の距離感、判断の速さ。


今回で12レッスンを終了した生徒のトレーニング内容・成長(改善)例を参考までに紹介します。


1〜4レッスン

首振りの習慣化。

体幹の強化。

止める・蹴る(トラップ・パス)を感覚的に行うのではなく、しっかり自分の思い通りに出来るようにした。

課題でもあったロングキックでは、インステップキックでしっかりインパクトし思い通りの方向に飛ばせるようにした。

高さと距離を飛ばす事が難しかったインフロントキックではしっかり当てるべき箇所で蹴り高く蹴れるようにした。


5〜8レッスン

リフティングが50回から200回まで出来るようになった。

基礎の浮いたボールのサイドでのトラップ、インステップでのトラップを安定して行えるようにした。

ドリブルでの仕掛け(一対一)を様々なバリエーションを生み出しつつ、より早くゴールに向かえるようにした。

ゴールへの意識をより強く持てるようにした。


9〜12レッスン

自身の強みであるドリブル(一対一)をよりプレッシャーがある状態でも切り抜けれるようにトレーニングした。

チームでのスタメン獲得対策、トレセン、セレクション対策。


全体を通して、基礎の部分では見違えて丁寧なトラップ(自分の思い通りに出来る)が出来るようになった。ロングキックの部分では1〜8レッスンまでは多少の修正を必要としたが、9〜12レッスンの辺りでは技術を習得した状態であり、きれいなフォームで弾道も良くなった。ドリブルや一対一の部分では相手の状態を見て緩急のある仕掛けが出来るようになった。相手の状態を見るとは、ゴールを狙える位置ならシュート、すきのあるDFをしていたなら逆をとれるドリブルが出来るようになった



22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com