小学5年生個人レッスン(西区)〜足首の怪我の予防〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:5レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


捻挫というアクシデントにより久しぶりにお会いした生徒様のレッスンでした。

よく足首を痛めてしまうという事で、癖がついてしまっているのではないか?

予防するにはどうしたらいいかという悩みをお持ちでした。


足首の怪我予防にはまず足首の柔軟性を良くする事や足首周りの筋肉を発達させる事が上げられます。

また体幹を強化し安定させる事で足首へのストレスも軽減させる事が出来ます。


自宅でも出来る簡単なトレーニングとして片足立ちがあります。

バランスディスクを使えばより効果的になりますが、床だけでも可能です。


・片足で立ちバランスをとります。

(この段階でフラフラしてなかなか安定しない子も中にはいるので毎日継続して行いましょう。)


・片足でつま先立ちを繰り返す。


・片足でスクワットを行うように下に向かい、両手で床をタッチしたらまた元の状態に戻ります。


左右10回程度を行います。


なるべく重心がずれないように安定して行えるようにしましょう。


足首が硬いと怪我だけでなくプレー面(トラップやボールタッチ)にも影響が現れます。

足首のストレッチも毎日行いましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com