小学5年生個人レッスン(西区)〜素早いターンをするコツ〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


インサイド、アウトサイド、足裏とサッカーではいろいろなターンがあります。

全てに共通している事はドリブルで進む方向を急に方向転換する技術だということです。


ドリブルの進行方向を急に変えるためには、ボールと体全体の動く方向を同時に素早く変える必要があります。


ターンのスピードが遅い人は、

ボールを動かす事が出来ても自分の体をターンさせることがスムーズにできていない場合が多いです。


自分の体を素早くターンさせるためには、どのようなことを意識すれば良いのでしょう?


ドリブルをする時、

上半身をやや前傾にした姿勢をとると重心が前に移動することで加速度が働き、

ドリブルの速度を上げやすいです。


ターンをする際も上半身を上手く使うことがポイントになります。


方向転換をする時、

自分が進もうとする方向に上半身を意識して傾けることで、

それまで進んでいた方向にブレーキをかけて、

新たに進みたい方向への加速をするきっかけにすることができます。


さらにターンをする時に腕を広げてバランスを上手く取りながら、

上体を大きく傾ける、相手の体を手で抑えることも素早いターンを可能にできます。



足で正確にボールをコントロールすることはもちろんですが、

上半身を上手く使うことを、ぜひ意識して練習して下さい。


ターンは繰り返し練習することでより速く出来ますので、相手がいることも意識しながら挑戦してみて下さい。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com