小学5年生個人レッスン(西区)〜小さくても大きい相手に競り勝つ〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:9レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


西区の生徒様のレッスンでした。

親御様のご相談いただいた内容も含め、キープや守備時のコースの切り方・体の入れ方(使い方)を中心に行いました。

身体的な部分で細いとの事ですが、

体の使い方だけでも十分大きい相手に対して力負けしないようにも出来るので、その部分もトレーニングしていきました。


体の小さい子が大きい子に対して競り勝つためには、

正直にぶつかり合っては負けてしまいます。

タックルの際には下から突き上げるようにぶつかったり、体の側面全体でぶつかったり、相手がぶつかってこようとするタイミングよりも速くぶつかったりと様々な技術があります。

大きい子には体をぶつける点でメリットがありますが、小さい子には小回りがきくスピードの点でメリットがあります。


競り合いで勝つ事に固執してしまうより、どうしたら相手に捕まらずにボールを奪ったり抜きされるのか?という点で伸ばすことも大切です。


それでもどうしても体をぶつける場面は存在しますので体のぶつけ方やタイミングの点で工夫してみて欲しいです。


サッカースクール・クラブを開設致しました。

年長〜小学6年生までの生徒を募集しております。

(他チーム在籍者もご参加頂けます。)

子供たちが初めてサッカーにふれあえる場所として、キッズ年代(年長)の月謝を無償化。

(年会費・保険別途有)

初心者はもちろんの事、伸び悩んでいる子供たちを1から育成致します。

小学生年代の弱点(悩み)として最も多い、基礎技術と土台の形成・体幹や体の使い方を重要視したトレーニングを心がけ弱点から強みに。

詳細は下記HPよりご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

https://www.ymv-sports-mgt.com/acprimonte

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ