小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

更新日:2021年3月12日

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:8レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。

「ボールと相手の間に体を入れる」事です。


体を入れると聞くと、

上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。

しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。

上半身でコースを塞いでも脚が届けば触れてしまいますし、

自分自身のバランスが崩れてしまい、

結局相手の方が素早く動ける事が出来、ボールを奪われてしまう事があります。


体を入れる事で重要になるのは、腰から入れるようにする事です。

腰から動くと自然と体全体がついてきます。

バランスを崩さずスムーズに体を入れることが出来ます。


体を入れる事が苦手な子は、

相手のボールに対してすぐにフィールドの外に蹴り出してしまったり、相手にぶつけたりしてしまいます。

そしてまた相手ボールになってしまいます。

これではボールの主導権を握る事は出来ません。


ボールの主導権を奪い握るためには、

相手とボールの間に体を腰から上手く入れ、ボールを奪いきってしまう事が大切です。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力