小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

最終更新: 3月12日

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:8レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。

「ボールと相手の間に体を入れる」事です。


体を入れると聞くと、

上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。

しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。

上半身でコースを塞いでも脚が届けば触れてしまいますし、

自分自身のバランスが崩れてしまい、

結局相手の方が素早く動ける事が出来、ボールを奪われてしまう事があります。


体を入れる事で重要になるのは、腰から入れるようにする事です。

腰から動くと自然と体全体がついてきます。

バランスを崩さずスムーズに体を入れることが出来ます。


体を入れる事が苦手な子は、

相手のボールに対してすぐにフィールドの外に蹴り出してしまったり、相手にぶつけたりしてしまいます。

そしてまた相手ボールになってしまいます。

これではボールの主導権を握る事は出来ません。


ボールの主導権を奪い握るためには、

相手とボールの間に体を腰から上手く入れ、ボールを奪いきってしまう事が大切です。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生体験レッスン(天白区)〜体験レッスンのレビュー〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:2年間。 回数:体験レッスン 目的(悩み):基礎構築、一対一、ドリブル、ボールコントロール。 強豪チームに所属する小学3年生のお子様が体験レッスンにきてくれました。 基礎的な止める蹴る部分に関してある程度出来ていて素晴らしいと感じました。 しかしそこからどうしたらいいのか? という部分で迷いながらプレーしている部分がありました。 その為試合ではよく焦ってボールを前に

小学1年生個人レッスン(千種区)〜なんとなくではダメ、しっかり意識する〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:最近サッカーを始めた。 回数:4レッスン 目的(悩み):基礎構築、ボールの蹴り方、ドリブル、試合で役立つ事。 今回は久々のレッスンだった千種区の小学1年生の2回目のレッスンでした。 久しぶりでしたが、前回までに教えた事をしっかり覚えてくれていました! サイドキック・インステップキック・インフロントキックの確認から始め、 まっすぐ正確にパスを出す事を重点しレッスンいた

小学1年生個人レッスン(北区)〜年長から小学生になって〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:9レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年長時からレッスンを受講し、今年小学1年生になった北区の生徒様のレッスンでした。 年長から小学生になり、 個人的要素として身体的にも成長し、これからはキック力もどんどん強くなってきます。 その中で自分の思い通りの方向に正確に蹴る事を技術として身につけて置く事が重要にな