小学5年生個人レッスン(西区)〜スタメン落ちからの回帰〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:7レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


サッカーのスタメンは各チーム11人です。

どんなに人数がいるチームでも人数がギリギリのチームでもトップチームで11人です。

スタメンの事をレギュラーとも呼ばれています。


今回の生徒様はスタメンと控えを行き来している状況でした。


スタメンを勝ち取るにはどうしたらいいのか?


基本的に試合のメンバーは監督が決めると思います。


監督に認められればスタメン、

監督とビジョン(戦術面・選手タイプ)が違えばメンバー落ちしてしまいます。


今回の生徒様の状況は、

認められている部分もあり、しかし足りない部分もある。


スタメンを行き来したり、

控えで途中から出場する選手にはこのパターンが多いです。


ドリブルが得意で攻撃で活躍できるが、

守備面での不安が多い選手はこの状況が多い印象です。


いち早くスタメンに復帰するには、

まずは監督の考える最低限の必要要素の部分を埋める必要があります。

攻撃に関して認められている場合は、

それ以外の部分をまずはいち早く身につける事。


そして得意の部分も同時に伸ばしていければ、

スタメン獲得そして定着への道のりになると思います。


現在レギュラーメンバーに入れない子やその親御様は、

その子に何が足りないかをまずは把握する事。


十分上手いと思うんだけど…

と感じている場合でも、

監督が思い描くチームでの選手の役割の中で何が足りないのかを

まずは理解する事が大切です。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com