小学5年生個人レッスン(西区)〜サッカーにおいて足の速さは実際あまり関係ない?〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


我が子は足は速いから他の子より可能性がある。

我が子は足が遅いからサッカーに向いていないかもしれない。

など現場でよく耳にする事があります。


サッカーにおいて小中学生年代においてのスピードのある選手は非常に有利に感じます。

これは少年サッカー応援している人であれば何となく気付いていることではないでしょう。


小中学生にとってスピードは、

サッカーの試合において有利にプレーをする重要な要素だということは紛れもない事実です。


しかしながら高校生年代の強豪と言われるチームや日本のプロ、

強いて言えば海外のプロサッカーの試合を見ていてもそれは顕著に現れるのでしょうか?


選手のプロフィールや解説で、この選手は足が速いやこの選手は50メートル5秒台ですなど耳にする事があります。


しかしその選手と対峙するトップ選手は、

その選手よりも絶対的に足が遅いのにも関わらず、何度も相手のドリブルや抜け出しを止めていますし、何回も負けているという場面はあまり見ないと思います。


実際に考えてみると、50メートル走で速いと言われる子と普通の子を比べても1秒も差がないと思います。

事実コンマ何秒の差です。


単純に試合中にヨーイドンという場面があれば足の速さで負けてしまいます。

しかしサッカーは必ずしもそのようなスポーツではありません。

このコンマ何秒の差を埋める、逆に追い越すテクニックが存在します。


良いポジショニングを取る。

予測し走り出しを相手より速く出来る。

トップスピードをすぐにだせる。


がポイントになってくると思います。


単純に足が速いというよりかは、

上で挙げたポイントを伸ばすことがサッカーにおいては重要であると考えています。


今回のレッスンでも足は遅くないという生徒でした。

見ていると走り出し・最初5メートルでスピードが出せていない。

その為、一対一では抜いても体を入れられる、抜かれてから追いつくことが出来ないといった改善箇所も出てきます。


サッカーにおいてのスピードは一瞬のスピード・走り出し5メートルまでの速さが鍵となってますのでその部分のトレーニングも重視しています。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

小学3年生個人レッスン(昭和区)〜課題(弱点)を意識した自主練習を〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:スクールで週2回 回数:4レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、スクールで上のクラスに上がりたい。 半年ぶりのレッスンとなりました。 前回のレッスンでの課題となった、サイドキックやトラップの時につま先が下に落ちてしまい安定しなかった点とリフティングの安定感の部分で見違えるほど成長していました。 会わなかった期間で自主練習を頑張っていたのがとても感心しま

年長個人レッスン(北区)〜継続=成長〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:7レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 今回は帰宅の年長さんのレッスンでした。 ドリブルがとても得意な生徒様ですが、 なかなかサイドキックでまっすぐ相手にパスをするのが苦手でした。 それでも自主練でも親子でパスの練習を取り入れてくれたり、 レッスンでもまっすぐ出す事、しっかりサイドキックで蹴る事を意識してきました

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com