小学5年生個人レッスン(西区)〜サッカーにおいて足の速さは実際あまり関係ない?〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


我が子は足は速いから他の子より可能性がある。

我が子は足が遅いからサッカーに向いていないかもしれない。

など現場でよく耳にする事があります。


サッカーにおいて小中学生年代においてのスピードのある選手は非常に有利に感じます。

これは少年サッカー応援している人であれば何となく気付いていることではないでしょう。


小中学生にとってスピードは、

サッカーの試合において有利にプレーをする重要な要素だということは紛れもない事実です。


しかしながら高校生年代の強豪と言われるチームや日本のプロ、

強いて言えば海外のプロサッカーの試合を見ていてもそれは顕著に現れるのでしょうか?


選手のプロフィールや解説で、この選手は足が速いやこの選手は50メートル5秒台ですなど耳にする事があります。


しかしその選手と対峙するトップ選手は、

その選手よりも絶対的に足が遅いのにも関わらず、何度も相手のドリブルや抜け出しを止めていますし、何回も負けているという場面はあまり見ないと思います。


実際に考えてみると、50メートル走で速いと言われる子と普通の子を比べても1秒も差がないと思います。

事実コンマ何秒の差です。


単純に試合中にヨーイドンという場面があれば足の速さで負けてしまいます。

しかしサッカーは必ずしもそのようなスポーツではありません。

このコンマ何秒の差を埋める、逆に追い越すテクニックが存在します。


良いポジショニングを取る。

予測し走り出しを相手より速く出来る。

トップスピードをすぐにだせる。


がポイントになってくると思います。


単純に足が速いというよりかは、

上で挙げたポイントを伸ばすことがサッカーにおいては重要であると考えています。


今回のレッスンでも足は遅くないという生徒でした。

見ていると走り出し・最初5メートルでスピードが出せていない。

その為、一対一では抜いても体を入れられる、抜かれてから追いつくことが出来ないといった改善箇所も出てきます。


サッカーにおいてのスピードは一瞬のスピード・走り出し5メートルまでの速さが鍵となってますのでその部分のトレーニングも重視しています。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ