小学5年生個人レッスン(常滑市)〜6回目を終えてのレビュー〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:6レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


2回セットから4回セットを継続頂けた生徒様のレッスンでした。


合わせて6回目のレッスンが終わり、

当初と比べると基礎の土台作りに関して、

まだまだ足りない部分が多く感じますが、

意識してトラップのタッチやまっすぐとパスを出せるようになってきました。


今後の目標は、

動きながらでも確実にそれが出来るように、

普段の練習から意識して挑戦して欲しいです。


ロングキックでもインステップでは強くけれるように、

インフロントでは高いボールがけれるように、

実践できるようになりました。


リフティングでは、

10回を目指してやっていましたが、

安定して数回は出来るようになりました。

10回までの集中力がまだ難しく目標には届きませんでした。


今回は浮いたボールのトラップを行いましたが、

最初は上からボールを押さえるのに必死でした。


浮いたボールでは、

ボールが地面に当たる瞬間に横からかぶせるようにトラップしてあげることでボールをコントロールしたいです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com