小学5年生個人レッスン(常滑市)〜母親(父親)の役目〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:2レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


2回目のレッスンとなった生徒ですが、

前回はリフティングが苦手でボールを上げるのが安定しない状態でした。


初回のレッスンの最後に宿題として、

インステップで一度蹴ってキャッチする事をお願いしました。


実は、この生徒はあまりサッカーに対し興味がないのかな?

とも思うような、サッカーに対し飲めり込んではいないんだと印象を持っていました。


なので宿題もやり込んでこないだろうと、失礼な思いも抱いていました。


2回目のレッスン会場に行ってみると、とても印象的な場面を見ることが出来ました。

それは生徒の母親が一緒になってリフティングの宿題練習をしている姿でした。

とても楽しそうにする二人の姿。大変良い母親だなと関心しました。


よく親御様で、言葉ではこーしろあーしろと指示している場面を拝見しますが、

実際に自分も一緒に同じように練習している方は残念ながら少ないように感じます。


その理由として、

親自身がサッカー経験がないとから手本を見せれない等がありますが、

練習している子供も同じように経験した事がない技術を身に着けようと努力しています。


親が同じように目的に向かって練習してあげる事で子供の励みにもなりますし、

親が出来た所を見て自分も出来るようになりたいと思うものです。


親の役目はこういう事でもあると私自身も再認識しました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com