小学5年生個人レッスン(常滑市)〜母親(父親)の役目〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:2レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


2回目のレッスンとなった生徒ですが、

前回はリフティングが苦手でボールを上げるのが安定しない状態でした。


初回のレッスンの最後に宿題として、

インステップで一度蹴ってキャッチする事をお願いしました。


実は、この生徒はあまりサッカーに対し興味がないのかな?

とも思うような、サッカーに対し飲めり込んではいないんだと印象を持っていました。


なので宿題もやり込んでこないだろうと、失礼な思いも抱いていました。


2回目のレッスン会場に行ってみると、とても印象的な場面を見ることが出来ました。

それは生徒の母親が一緒になってリフティングの宿題練習をしている姿でした。

とても楽しそうにする二人の姿。大変良い母親だなと関心しました。


よく親御様で、言葉ではこーしろあーしろと指示している場面を拝見しますが、

実際に自分も一緒に同じように練習している方は残念ながら少ないように感じます。


その理由として、

親自身がサッカー経験がないとから手本を見せれない等がありますが、

練習している子供も同じように経験した事がない技術を身に着けようと努力しています。


親が同じように目的に向かって練習してあげる事で子供の励みにもなりますし、

親が出来た所を見て自分も出来るようになりたいと思うものです。


親の役目はこういう事でもあると私自身も再認識しました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ