小学5年生個人レッスン(常滑市)〜母親(父親)の役目〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:2レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


2回目のレッスンとなった生徒ですが、

前回はリフティングが苦手でボールを上げるのが安定しない状態でした。


初回のレッスンの最後に宿題として、

インステップで一度蹴ってキャッチする事をお願いしました。


実は、この生徒はあまりサッカーに対し興味がないのかな?

とも思うような、サッカーに対し飲めり込んではいないんだと印象を持っていました。


なので宿題もやり込んでこないだろうと、失礼な思いも抱いていました。


2回目のレッスン会場に行ってみると、とても印象的な場面を見ることが出来ました。

それは生徒の母親が一緒になってリフティングの宿題練習をしている姿でした。

とても楽しそうにする二人の姿。大変良い母親だなと関心しました。


よく親御様で、言葉ではこーしろあーしろと指示している場面を拝見しますが、

実際に自分も一緒に同じように練習している方は残念ながら少ないように感じます。


その理由として、

親自身がサッカー経験がないとから手本を見せれない等がありますが、

練習している子供も同じように経験した事がない技術を身に着けようと努力しています。


親が同じように目的に向かって練習してあげる事で子供の励みにもなりますし、

親が出来た所を見て自分も出来るようになりたいと思うものです。


親の役目はこういう事でもあると私自身も再認識しました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ