小学5年生個人レッスン(常滑市)〜チーム指導で感じた事〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:3レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


現在、小学校の部活動でサッカーを指導しています。

当ブログでもマンツーマンレッスンとチームでの練習の違いを何度か言及してきましたが、実際にリアルタイムで指導した際の感じた事を記載致します。


部活動では生徒が50名前後所属しています。

もちろん一人で全員を指導するわけでなく、2〜3名指導者が配属されます。


指導を始め、一番引っかかった事は個人の技術の差です。

もちろん部活動では初心者の子も多く入部しています。

例えばパスの練習では、蹴り方さえわからない子もいるので、

しっかりと指導してあげたい子が数多く見受けられますが、

一人ひとりをじっくり指導していると、それだけで限りある時間が過ぎ去ってしまいます。


そして蹴り方が既に出来る子に対して、楽しくない時間を与えてしまいます。


それを考慮しつつ、

指導が必要な子は気にかけながら、より上の技術の子に追いつけるように。

さらには元より技術が備わっている子も満足できるようレベルアップした内容を提示していかなければなりません。


このように全員が楽しく成長できるよう活動をしていますが、

部活動ではなく実際のサッカーチームの練習となると、

チームレベルに応じた練習内容になりかね、

指導が必要な子は置いてけぼりになる事が多くなります。


マンツーマンレッスンで指導している身としては、

もっと個人の技術の指導が必要…と思いながらも限りある時間の中、

チームとしてのその日のテーマをどう共有できるか、

活動前よりも成長できる内容の練習とペース配分がとても難しいと感じました。


そんな中でも子供達が初めてうまく出来た時、ゴールを決めた時の笑顔は格別でした。


今回のレッスンの子の話に移りますが、

チームでの技術面の遅れは自主練習で回収するしかありません。

チームの練習ではみんなに置いていかれないように必死にチャレンジする。

そして足りないと感じた部分は自主練習で改善する。


分からない、伸びないと言った部分に関しては、

当方のマンツーマンレッスンを大いに活用していただきたいです。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com