小学5年生個人レッスン(常滑市)〜どうしたら自主練をするのか〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:5レッスン

目的(悩み):基礎習得、ボールコントロール、リフティング。


自主練を中々しないといった悩みを持つ親御様が多い気がします。


・サッカーに興味があるか?


もちろんサッカースクールやサッカークラブに好きで通っているわけですから興味はあるはずです。

しかしサッカーの優先順位が上位に無い事はあります。


子供達は暇があれば一番やりたい事をしたくなります。

ゲームをするかサッカーをするかで悩んだ時にゲームを選んでしまう事がこれに当たります。


・うまくなりたいのか?


興味はあり、サッカーは好きだけど上手くなりたいとは思っていない。


これに関係して、

・自信が無いという事も挙げられます。


例えばリフティングが苦手な子。

自主練しようにもリフティングが苦手で嫌い(自信がない)と不得意な事を自らやろうとする子は少ないはずです。


それがほんの少しでも回数が伸びたり、子供達自身で成長している・うまくなっていると気づけた時が自信を持てた時です。


そうなれば自主練習が楽しくなり、自ら行うようにもなります。


親御様が自主練習をさせたい時。

練習しなさいと声をかけるだけでなく、まずは自主練習への導入部分の手伝いをしてほしいと思います。


他の好きな事(ゲームなど)を禁止するのでは無く(禁止と言えば逆にやる気が無くなるかも)、

両立させる。

(少ししたら一緒にサッカーの練習をしよう等)

サッカーが上手くなったらもっと楽しくなるような話を何気なく会話する。

苦手な事への自信をつけるために親子で行動するといった事を挑戦して頂きたいです。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com