小学5年生個人レッスン(守山区)〜GKとの一対一で決めきれない対処〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:12レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


私も高校時代までFWとしてプレーしてきたのでGKとの一対一は多々経験してきました。

プロの試合を見ていても裏に飛び出したFWとGKの一対一で決めて当たり前という状況で枠をはずしてしまったり、GKにうまく止められたりするシーンは珍しくありません。


今回のレッスンの生徒もGKとの最後の一対一のシーンで決めきれないという課題がありました。


GKとの一対一で決め切るには、距離感とシュートコースを作る事が大切です。


自分にとってGKと一対一になった時にまず考える事はサイドに早いボールを転がす事です。GKにとって足元の届かない所を狙われるのは非常に守りづらいからです。

ただし、一定の距離があってシュートコースが空いている時です。

距離が縮まってしまうとGKの足にボールを当ててしまったり、GKの触れないコースを狙ってもゴールの枠からはずしてしまう事があるからです。


次にGKとの距離が短い時はGKを躱す事を選択します。

GKはシュートを打ってくるはずと考え重心が低くなっているので簡単なシュートフェイントでも抜きやすい状態にあります。

しかし抜いた後のタッチが大きかったり、その後のシュートまでのスピードが遅いとDFが戻ってきたりGKがもう一度来たり、シュートコースが無くなってしまいます。

GKを抜く時は、その後のシュートまでの速さを意識したいです。


この2つが確実な選択肢です。


その他にもGKが出てきた時にループシュートを狙ったり、GKの届かないゴールの上角などをうまく狙う選手を多く見ますが、決定率で言えば難しい部類のシュートだと思います。


ここでいうGKとの一対一を決めきるためのレッスンとしては、確実にゴールのサイドに流し込める為のGKとの距離感とシュートのスピード・正確性・判断をトレーニングの中で考えながら行いたいです。

GKを抜く練習も、タイミングやタッチの仕方などをしっかり身につけておきたいです。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com