小学5年生個人レッスン(守山区)〜DF時の半身のコツ〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:15レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


半身のディフェンスは前線〜中盤、サイド側で非常に効果的です。

よく見られるのは左右のどちらかを限定し、狭い方に追い詰めたりするのに使っています。


ゴール前では半身の姿勢だと、シュートブロックやパスカットが難しくなったりする事があるのでので左右に対応できる両足立ちの方が効果的な場合があります。


左右のどちらかの限定に半身を使うと思われがちですが、半身のDFではあまり片方を限定しすぎない事がポイントだと思っております。


例えば右を完全に限定しようと近づいた際、確実にボールが取れれば良いですが、もし左(背中)を取られてしまう事があれば簡単にゴールまで向かわれてしまいます。


右を限定しつつも左にも対応できる体の開き方、

さらに深く考えれば、体は左を切りつつも頭では左(背中側)で取ると事前に考え(もちろん右に来た場合も体の向きで反応しやすい)左側に誘い出す方法もあります。


半身のDFは必ずしも一方を限定するために使うのではなく、

ボールを奪い切るためにDFが使えるフェイントとしても使えます。


また両足立ちよりも相手に体を入れやすくなってますので半身を極めれば一対一が確実に強くなれると思います。


コツとしては、

狭い方に誘導できるよう広い方を限定する。

距離を取りすぎない。勢いよく抜かれても体が入れれる(相手を触れる)距離。

しっかりとステップを踏みいつでも対応できる態勢を作る。

背中側をとられても対応できる体の開き方・体を入れれる距離。

ボールが触れなくても体を抑えてしまえば良い。(ボールにばかり気を取られない。)

なるべく一発で取りに行かない・足を出さない。(基本的に背中側は取られてはいけないので足を伸ばして取りに行ったりせず体全体で止めに行く。)


DFの基本として足だけで奪いに行くのではなく体で相手の進路を断つ事が第一条件です。

よくボールを相手とはさみ合いになっても強引に抜かれるのが足だけで行っている証拠です。

体でしっかり進路を断ち完全にボールを奪いましょう。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ