小学5年生個人レッスン(守山区)〜試合になると力強いシュートが打てない〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:13レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


練習では力強いシュートが打てるのに試合中では同じように打てない。

いざという時のシュートが大きくゴールを外してしまう。

試合になると、練習のような積極的なプレイできない。


など様々な悩みがあると思います。


練習と試合でプレーに差が出てしまう原因はいくつかあります。

ひとつに試合のような状況で練習していないという事です。


シュートが練習では入るのに、試合では入らない。


このような悩みをよくいただきます。

その原因の多くは練習のやり方にあります。


そういう子は大抵、シュート練習をまるでフリーキックを打つようにやっているのです。

自分のタイミングで、全くプレッシャーもなくシュート練習をしていたり、止まった状態でフリーキックのようにシュートを打ちます。


しかし試合中ではその様な状況は極僅かです。

全体の動きもありますし、

ディフェンスに詰められないよう素早く打つ事が多いですし、

身体の向きを変える必要もあります。


ボールの位置、ドリブル、パスを貰って打つのか、打つ前の動作も様々です。

そうしたシュート練習しないと、試合ではシュートを決められないです。


また試合中では、いつそのようなチャンスが訪れるか分かりません。

開始5分でチャンスが来る可能性もありますし、

随分走りきった終盤に訪れるかも知れません。


開始直後であればシュートを力んではいけませんし、

終盤であればインパクトを意識しないと弱々しく転がったシュートになってしまいます。


今回のレッスンの生徒では一つの例として、

終盤でも力強くシュートが打てるように激しいステップ(チェックの動き)から、

パスを受け、強くそして狙い通りにシュートをするトレーニングを行いました。


いつでも(どのような状況でも)同じようにインパクトが出来るよう意識してトレーニングすることが大事です。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com