小学5年生個人レッスン(守山区)〜相手を抜かずにゴールを奪う〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:19レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


プロの試合でよく見る得点シーンで上手いなと思うシュートは、

DFを抜ききらずにゴールを決めてしまうシーンです。


多くの子供達は、

相手を抜ききってからシュートを撃つという考えに縛られている事があります。

それはこれまで教えてきた指導者(経験してきた練習)の責任でもあるかもしれません。


従来のシュート練習では、

DFがいない状態でフリーでもらいシュートを撃つ練習。

一対一で相手を抜いてシュートを撃つ練習が多いと思います。


試合ではそのようなシーンは滅多に訪れません。

そして試合での密集した場面では、

相手を確実に抜ききる事を重点してしまうと時間がかかってしまい他のDFに囲まれたり、シュートまで辿り着かなかったり

ゴールする事が難しくなる事もあります。


相手を抜かずぬシュートを撃つタイミングと技術を身に着けられれば、

もっと簡単にゴールを奪えます。

相手を抜かずにシュートを撃つ事は、相手GKにとって味方DFがブラインドになり、タイミングも取りづらく、上手くコースを狙われたら止める事が難しいシュートになります。


そのシュートを撃つには、

抜くと見せかけ真横や少し後ろ斜めに下がりながらでもコースにしっかり蹴り込んだり、

フェイントでDFのタイミングをずらしながらも足にぶつけずに(股を狙うことも)蹴り込んだりと様々な技術が必要になります。


日頃から練習しておくことにより、

GKの取りづらいシュートを相手DFを抜かずとも出来るようになれれば選手にとって大きな強みになると思います。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com