小学5年生個人レッスン(守山区)〜相手を抜かずにゴールを奪う〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:19レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


プロの試合でよく見る得点シーンで上手いなと思うシュートは、

DFを抜ききらずにゴールを決めてしまうシーンです。


多くの子供達は、

相手を抜ききってからシュートを撃つという考えに縛られている事があります。

それはこれまで教えてきた指導者(経験してきた練習)の責任でもあるかもしれません。


従来のシュート練習では、

DFがいない状態でフリーでもらいシュートを撃つ練習。

一対一で相手を抜いてシュートを撃つ練習が多いと思います。


試合ではそのようなシーンは滅多に訪れません。

そして試合での密集した場面では、

相手を確実に抜ききる事を重点してしまうと時間がかかってしまい他のDFに囲まれたり、シュートまで辿り着かなかったり

ゴールする事が難しくなる事もあります。


相手を抜かずぬシュートを撃つタイミングと技術を身に着けられれば、

もっと簡単にゴールを奪えます。

相手を抜かずにシュートを撃つ事は、相手GKにとって味方DFがブラインドになり、タイミングも取りづらく、上手くコースを狙われたら止める事が難しいシュートになります。


そのシュートを撃つには、

抜くと見せかけ真横や少し後ろ斜めに下がりながらでもコースにしっかり蹴り込んだり、

フェイントでDFのタイミングをずらしながらも足にぶつけずに(股を狙うことも)蹴り込んだりと様々な技術が必要になります。


日頃から練習しておくことにより、

GKの取りづらいシュートを相手DFを抜かずとも出来るようになれれば選手にとって大きな強みになると思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

小学3年生個人レッスン(昭和区)〜課題(弱点)を意識した自主練習を〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:スクールで週2回 回数:4レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、スクールで上のクラスに上がりたい。 半年ぶりのレッスンとなりました。 前回のレッスンでの課題となった、サイドキックやトラップの時につま先が下に落ちてしまい安定しなかった点とリフティングの安定感の部分で見違えるほど成長していました。 会わなかった期間で自主練習を頑張っていたのがとても感心しま

年長個人レッスン(北区)〜継続=成長〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:7レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 今回は帰宅の年長さんのレッスンでした。 ドリブルがとても得意な生徒様ですが、 なかなかサイドキックでまっすぐ相手にパスをするのが苦手でした。 それでも自主練でも親子でパスの練習を取り入れてくれたり、 レッスンでもまっすぐ出す事、しっかりサイドキックで蹴る事を意識してきました

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com