小学5年生個人レッスン(守山区)〜相手を抜かずにゴールを奪う〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:19レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


プロの試合でよく見る得点シーンで上手いなと思うシュートは、

DFを抜ききらずにゴールを決めてしまうシーンです。


多くの子供達は、

相手を抜ききってからシュートを撃つという考えに縛られている事があります。

それはこれまで教えてきた指導者(経験してきた練習)の責任でもあるかもしれません。


従来のシュート練習では、

DFがいない状態でフリーでもらいシュートを撃つ練習。

一対一で相手を抜いてシュートを撃つ練習が多いと思います。


試合ではそのようなシーンは滅多に訪れません。

そして試合での密集した場面では、

相手を確実に抜ききる事を重点してしまうと時間がかかってしまい他のDFに囲まれたり、シュートまで辿り着かなかったり

ゴールする事が難しくなる事もあります。


相手を抜かずぬシュートを撃つタイミングと技術を身に着けられれば、

もっと簡単にゴールを奪えます。

相手を抜かずにシュートを撃つ事は、相手GKにとって味方DFがブラインドになり、タイミングも取りづらく、上手くコースを狙われたら止める事が難しいシュートになります。


そのシュートを撃つには、

抜くと見せかけ真横や少し後ろ斜めに下がりながらでもコースにしっかり蹴り込んだり、

フェイントでDFのタイミングをずらしながらも足にぶつけずに(股を狙うことも)蹴り込んだりと様々な技術が必要になります。


日頃から練習しておくことにより、

GKの取りづらいシュートを相手DFを抜かずとも出来るようになれれば選手にとって大きな強みになると思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ