小学5年生個人レッスン(守山区)〜横からのボールに対して空振りせずシュートする〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:11レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


自分自身もよく経験した(今でも経験する)、ゴール前での横からのセンタリング(クロスボール)や横パスに対してのシュートを空振ってしまうのをサッカーの試合ではよく目にする(小学生年代でもプロの試合でも)。


よくあるのが右利きの選手が右から送られたボールを利き足を振り回しての空振りやシュートのコースを大きくずれてしまうシーンです。


ここで頭に入れて欲しいのは、右から送られたボールなら左足で、左からなら右足でとらえるのが基本です。


右からのボールのコースに対しては利き足だとほぼ90度でけることになります。

とても難しい技術で、このボールが速いと更に難易度が上がります。

それを逆足のインサイドで面をつくるように合わせられれば、角度は45度になりボールをとらえやすくなります。


チームでのシュート練習では大半が正面からのシュートの練習が多いと思います。

横からのボールに対してのシュートはそれに比べて少ないと思います。

しかしサッカーの試合では横からのボールも非常に多いです。


練習の緊張感や雰囲気は試合中の決定的な場面に比べ、はるかに違いますが、練習から基礎的な予習をしておくことで空振りをしてしまう確率を少しでも減らせたらと私は思っています。


今回レッスンでは実際に試合で起こりうる角度からの速いボール(低空、浮き玉含め)に対してしっかりと足の面に当てる事を重点に行いました。

ここでは最初から力強く蹴ることを意識するのではなく、しっかりとボールを見て焦らずにミートすること(狙ったところに飛ばすこと)、どちらの足で蹴れば良いかを瞬時に判断することを目的としました。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力