小学5年生個人レッスン(守山区)〜横からのボールに対して空振りせずシュートする〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:11レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


自分自身もよく経験した(今でも経験する)、ゴール前での横からのセンタリング(クロスボール)や横パスに対してのシュートを空振ってしまうのをサッカーの試合ではよく目にする(小学生年代でもプロの試合でも)。


よくあるのが右利きの選手が右から送られたボールを利き足を振り回しての空振りやシュートのコースを大きくずれてしまうシーンです。


ここで頭に入れて欲しいのは、右から送られたボールなら左足で、左からなら右足でとらえるのが基本です。


右からのボールのコースに対しては利き足だとほぼ90度でけることになります。

とても難しい技術で、このボールが速いと更に難易度が上がります。

それを逆足のインサイドで面をつくるように合わせられれば、角度は45度になりボールをとらえやすくなります。


チームでのシュート練習では大半が正面からのシュートの練習が多いと思います。

横からのボールに対してのシュートはそれに比べて少ないと思います。

しかしサッカーの試合では横からのボールも非常に多いです。


練習の緊張感や雰囲気は試合中の決定的な場面に比べ、はるかに違いますが、練習から基礎的な予習をしておくことで空振りをしてしまう確率を少しでも減らせたらと私は思っています。


今回レッスンでは実際に試合で起こりうる角度からの速いボール(低空、浮き玉含め)に対してしっかりと足の面に当てる事を重点に行いました。

ここでは最初から力強く蹴ることを意識するのではなく、しっかりとボールを見て焦らずにミートすること(狙ったところに飛ばすこと)、どちらの足で蹴れば良いかを瞬時に判断することを目的としました。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com