小学5年生個人レッスン(守山区)〜横からのボールに対して空振りせずシュートする〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:11レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


自分自身もよく経験した(今でも経験する)、ゴール前での横からのセンタリング(クロスボール)や横パスに対してのシュートを空振ってしまうのをサッカーの試合ではよく目にする(小学生年代でもプロの試合でも)。


よくあるのが右利きの選手が右から送られたボールを利き足を振り回しての空振りやシュートのコースを大きくずれてしまうシーンです。


ここで頭に入れて欲しいのは、右から送られたボールなら左足で、左からなら右足でとらえるのが基本です。


右からのボールのコースに対しては利き足だとほぼ90度でけることになります。

とても難しい技術で、このボールが速いと更に難易度が上がります。

それを逆足のインサイドで面をつくるように合わせられれば、角度は45度になりボールをとらえやすくなります。


チームでのシュート練習では大半が正面からのシュートの練習が多いと思います。

横からのボールに対してのシュートはそれに比べて少ないと思います。

しかしサッカーの試合では横からのボールも非常に多いです。


練習の緊張感や雰囲気は試合中の決定的な場面に比べ、はるかに違いますが、練習から基礎的な予習をしておくことで空振りをしてしまう確率を少しでも減らせたらと私は思っています。


今回レッスンでは実際に試合で起こりうる角度からの速いボール(低空、浮き玉含め)に対してしっかりと足の面に当てる事を重点に行いました。

ここでは最初から力強く蹴ることを意識するのではなく、しっかりとボールを見て焦らずにミートすること(狙ったところに飛ばすこと)、どちらの足で蹴れば良いかを瞬時に判断することを目的としました。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com