小学5年生個人レッスン(守山区)〜持ち方だけでスローイングは1mほど伸びる〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:10レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。


前回はスローイングの入りとして、遠くに投げるスローイングや味方の足元に投げるスローイング、胸やももに 向けて投げるスローイングと強弱をつけても思った所に投げられるようにレッスンいたしました。

今回はより遠くに投げる(ロングスロー)事が出来るようにまずはボールの持ち方や投げ方をレッスンしました。


ボールの持ち方ですが、多くの子供達はボールの横を挟むようにして持ちスローイングをしています。

ボールを遠くに投げたい場合、前方向に力を加えたいので真横で持つと言うよりは、両手の親指と人差指で三角が出来るようにボールの後ろ側に力が加わるように持ってもらえると、そうしない時より1m程度は遠くに飛ばせるようになりました。


投げ方に関しては体全体を弓のようにしならせて反動で飛ばすのが理想です。

これは少し練習が必要です。

腕の力でだけ投げるのではなく、ボールを蹴るときのように軸足を止めて、利き足を軸足と同じ位置に戻す。

その時にボールを両手で投げようと沿っていた上半身を同じタイミングで戻し、一番力が加わった状態でボールをリリースします。


練習も必要ですが、ロングスローが投げられるとフリーキックやコーナーキックと同じ役割を果たすことができます。そしてスローイングはフリーキックやコーナーキックよりも与えられる機会が多いです。

大きな武器となります。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力