小学5年生個人レッスン(守山区)〜サッカー観戦の重要性〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:14レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


私が夢中でサッカーをしていた子供時代は、

サッカーをプレーをする事は好きでしたが、

サッカー観戦をする事はあまり好き(苦手な方でした)ではありませんでした。


理由としてはJリーグもあまり身近ではありませんでしたし、

現在みたいにネット回線一つで様々な映像を見れる時代でもありませんでした。

その為、高校生になって監督から海外チームの試合をDVDで見せられ分析してもらった時もあまり興味がわきませんでした。

むしろどう見て良いのか分からなかった記憶があります。


しかし今ではJリーグを毎週見るようになりましたし、海外サッカーも見ます。

そしてサッカー観戦を怠っていた子供時代に後悔もしています。


私と同じように今のサッカーをしている子供達でもサッカー観戦が得意でない子が多いと思います。

しかしサッカーをやる上でサッカー観戦はとても勉強になりますし、重要なコンテンツであると思います。


現代では現場に訪れずともスマホやパソコン、ネット一つでいろいろな試合も観戦できます。

サッカーが出来ない日でも、絶好のイメージトレーニングが出来ます。


まずサッカー観戦をどう見ていいかわからない子には、

自分のポジションの選手を観察する事をおすすめします。


特にボールを持っていない時の動きで、

どう動いてボールを引き出しているのか?

どうやってマークを外すのか?

スペースを作り出しているのか?

ボールを受けるまでにどれだけ首を振っているのか?

など自分とは違う事を多くやっていると気づけると思います。


プロに近づくためにはまずプロのマネをしてみましょう。


サッカー観戦は、ボールがある場所だけを見るのではなく、全体を見れるようになればもっと楽しくなります。

良いプレーを見て、自分でやることもイメージするとプレーするときにも良い効果が現れると思っています。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com