小学5年生個人レッスン(天白区)〜飛び道具ロングスロー!スローインの飛距離を伸ばす〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、サイドバック要素、ジュニアユースに向けて。


今回はスローインについて書きたいと思います。

近年、高校サッカーやプロでも流行している戦術の一つとしてロングスローがあります。

サッカーにおいてサイドラインを割ると、唯一GK以外のプレーヤーが手を使って投げ入れる状況が生まれます。


手を使う為、足でボールを扱うよりも正確に味方にパス出来ます。

そしてこのスローインはオフサイドになりません。


小学生年代では、ロングスロー以前に反則となってしまう事も多い気がします。

3つの点をおさらいしておきましょう。

・両手でボールを持ち後ろから頭を通過して投げなければいけません。

・そして真っ直ぐ投げる事。上半身だけを横に曲げて投げてはいけません。

・投げた時に足を上げてはいけません。


サイドバックやサイドハーフの選手は、ロングスローが投げれたらとても重要な武器になります。

そして投げるようになりたいと思う子も多いのではないでしょうか。


今回の生徒もロングスローを投げたいという事でレッスンに盛り込みました。

実際自分は小学生の頃よりロングスローが投げれました。

武器としても使えました。


ロングスローが投げれると戦術のバリエーションも広がり、

得点のアシストをする機会も増えます。

オフサイドにならずに前線の味方に相手のDFの裏へパスを出す事が出来、一発でGKとの一対一を作り出すことが出来ます。

さらに、スローイン全てをコーナーキックやフリーキックと同じ役割にする事が出来るため大変チャンスが増えます。


ロングスローを投げるコツとして、

まずボールの持ち方を変えます。

多くの子はボールを挟むように横を持って投げています。

少しボールの後ろの方に移してあげるだけで力が伝わりやすくなります。


次に体を弓のようにしなるイメージで投げる事。

助走をしっかりとり、上体を出来るだけそらし、後ろ足を前足と同じ位置に戻す瞬間に上体を戻す反動を利用して投げます。


たったこれだけを改善し10分ほど指導しただけで、スローインの距離は1Mほど伸びました。

ここからコーナーキック並のロングスローを投げる為には何度も投げ込む事が必要です。

体幹や肩の力を鍛える事も効果的になってきます。


ロングスローが投げれたらスタメンにするという有名チームが存在するほど、

ロングスローは武器となりますので是非習得に励んでみて下さい。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com