小学5年生個人レッスン(天白区)〜逆足の精度は意識の違いだけで変わる〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:15レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。


利き足とは反対の逆足でのプレーが苦手で使えないという悩みは多いと思います。

例えプロの選手でも逆足の扱いは利き足と比べれば精度が落ちてしまいます。


しかし逆足も利き足と同じように使えたら…

利き足より劣ったとしても、トラップやキックが正確に出来れば非常にプレーの幅が広がります。


逆足でのプレーは最初は足自体を思ったように動かせない為、

苦手意識がとても強くなってしまいます。

そうして練習でも利き足のみでプレーし(せざる負えない)、

利き足の精度が上がっていくに連れて逆足との差が生まれてしまいます。

逆足の苦手意識が強い子ほど利き足だけでプレーしてしまい、差が広くなってしまった結果逆足を使いたくないという気持ちになっています。


まずは逆足でプレーする事を意識する事。

トラップとサイドキックのパスまでを先行して行う。

利き足と同じように使えるように反復して練習します。


逆足でのトラップとサイドキックがある程度出来るようになるだけで、

今までの苦手意識が、逆足でも出来るようになったという自信に変わってきます。


その後はシュートやドリブルキープといった部分でも逆足でプレーする事への抵抗をなくして挑戦していけるようにしたいです。


サッカースクール・クラブを開設致しました。

年長〜小学6年生までの生徒を募集しております。

(他チーム在籍者もご参加頂けます。)

子供たちが初めてサッカーにふれあえる場所として、キッズ年代(年長)の月謝を無償化。

(年会費・保険別途有)

初心者はもちろんの事、伸び悩んでいる子供たちを1から育成致します。

小学生年代の弱点(悩み)として最も多い、基礎技術と土台の形成・体幹や体の使い方を重要視したトレーニングを心がけ弱点から強みに。

詳細は下記HPよりご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

https://www.ymv-sports-mgt.com/acprimonte

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

〜県内外へのマンツーマンレッスンの移動費・交通費とレッスン対応時間について〜

いつもHARA FC NAGOYAをご利用いただき誠にありがとうございます。 多くのお客様と出会い、生徒様の指導をさせて頂き大変嬉しく思います。 2021年度(4月)よりレッスン場所への移動費・交通費を変更させて頂きます事をご報告致します。 ①お客様ご指定のレッスン場所までお伺いする際に電車を使用する場合、交通費を請求致します。。 ②1時間を超える移動時間(往復含め)の場合、1時間辺り¥550を加

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com