小学5年生個人レッスン(天白区)〜落下地点を予測する空間認知力〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:部活やクラブで週3〜4回 回数:8レッスン 目的(悩み):トレセン合格、オフザボールの動き方、浮き球への対応。


少年サッカーでよく見られるロングボールの対応(カブると言う表現を使いますが)で落下地点を予測できず背後を取られてしまう。

ワンバウンドしたボールでも頭上を越してしまうのをよく見かけます。


試合中、相手のゴールキックやDFからのクリアボールの落下地点を予測ができれば(ボールが落ちてくる場所をイメージできる)、慌てずに対処(ヘディングでそのまま返すのか相手が来てなければトラップも可能)できます。

また、味方からのロングボールやコーナーキックからのボールに対しても、しっかりイメージできていればすぐにシュートを打つ事も出来ます。


今回のトレーニングでは、落下地点の予測(空間認知能力の向上)を重点して行いました。

最初は普段よりも少し高い浮き球をワンタッチで返す事とトラップする事からスタートし、最後は自分もキーパーの立場になりパントキックで長い距離を蹴り、そのボールに対しての落下地点の予測・対応をしました。


最初は落下地点が読めず対処できなかったり、ワンバウンドさせてしまいカブる事が多いですが、徐々に落ちてくる場所がイメージ出来て対処できるようになりました。


またパントキック(手でボールを落としける事)は簡単そうに見えて、自分の理想の距離・方向に飛ばすことが難しいです。同時に、しっかりと足の甲にミート出来るよう意識しましょう。

遊び間隔で練習に取り込んでみてもいいと思います。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com