小学5年生個人レッスン(天白区)〜様々な動きを組み合わせた基礎トレ〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:部活やクラブで週3〜4回 回数:8レッスン

目的(悩み):トレセン合格、オフザボールの動き方、一対一での対応。


毎回のレッスンで行う、基礎のトレーニングを紹介します。

二人組の一方がボールを手で投げ、もう一方がサイドキックやインステップキックで相手の胸に返すというメニューです。

多くのサッカーチームで取り上げられている定番のメニューですが、

HARA FCのレッスンではこのトレーニングにサイドキックでトラップしてから浮いた状態のまま2タッチで返すなど多くのバリエーションを用意しています。


このトレーニングの一貫しての目的は、タッチの正確さ(強弱)とトラップやキックの確認です。

そして首振りの習慣化やパスを出してからの動き出し(ステップを踏む)など、レベルに応じて追加していきます。


最初は難しいですが、毎回実施するので子供たちはすぐに上手くなります。

その場に留まって返す事が出来るようになってから、左右に移動して返す事に挑戦します。


ほとんど失敗せずに出来るようになった子でも、移動の間にラダーを置いて様々な動きを入れたりするとキックが乱れたり首振りを忘れたりもします。


どのような状況でも正確なタッチが出来るようになる為に、

日頃のトレーニングから同じ動きの中でトレーニングするのではなく、様々な動き(状況)を作り出す事を心がけています。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com