小学5年生個人レッスン(天白区)〜ポジションコンバート〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:6レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。


サッカーを初めサイドバックでずっと頑張ってきた生徒様が高学年になり、

なんとボランチにコンバート。

要素など技術的な面については次回レッスンレビューで記載致しますが、

まずはサッカーに置いてのポジションコンバートについて記載します。


ポジションのコンバートは、

サッカー人生においては時々に訪れ、

長くサッカーを経験していると一度は経験する事かもしれません。


コンバートとは、

今までやってきたポジションとは別のポジションに任命される事。


私の人生では、

小学低学年でサイドバックからスタートし、

5年生までセンターバック、高学年では急遽センターフォワードに。

それからFWの期間が長く続きましたが、

高校生ではGK含み(練習試合など重要な試合ではないが)のポジション全てを経験しました。

大学時代ではセンターバック、センターフォワード。

今ではどのポジションでも苦手無く受け入れる事が出来るようになりました。


しかしながら、

ポジションのコンバートは思っている以上に難しい。

例えば同じサイドバックでも右サイドから左サイドになるだけで、

立ち位置が変わる事で見える景色も変わります。

体の向きも使い方もその場所に応じて適応しなくてはなりません。


頭では分かっていても体で反応できるようになるには時間がかかることもあります。

プロの選手でも右サイドが得意な選手もいれば、

左が得意な選手もいて、左右どちらか得意な方で制限したいと思う選手もいます。

これが違うポジションとなれば、求められる役割まで変わる訳です。


しかし共通してどのポジションでも守備ができる選手という事は重要です。

そしてひとつのポジションしか出来ないよりも、

多くののポジションができた方監督からの評価は高いです。


またフォワードの選手が後ろ目のポジションをする事で、

パスの出し手の気持ちや視野を理解する事が出来る。

その結果FWとしての動きが格段によくなることも多いです。

またその逆もあります。


コンバートする事によって、

最初は動きや判断の難しさに悩む事がありますが、

選手にとって様々なポジションを経験する事はメリットにもなりますので、

ぜひその際は挑戦して欲しいです。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力