小学5年生個人レッスン(天白区)〜ボランチでの守備〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:7レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。


サイドバックからボランチにコンバートした生徒様のレッスンでした。

守備面での違いで少し不安に感じていました。


サイドバックとの守備の違いについて。

中盤での守備はサイドバックの時と同様にまずインターセプトを狙います。

しかし間合いを詰めすぎず、自分のマーク以外の縦のパス(楔)も出来るだけカットできるようなポジショニングを取りたいです。

必然的にサイドバック時の守備のポジションとは少しだけ距離をとったポジショニングしたいです。


そしてインターセプトと味方が抜かれた時のカバーが出来る位置を連動して取り続けれるようにしたいです。


また味方の前線とDFの間のバランスを取れる位置を見つけポジショニングする。

それか間延びしないようにDFラインを動かしたりとDF時と同様の指示ができればなお良いです。


カウンター時の数的不利時にボール保持者にアタックするのか、遅らせて味方の戻りを待つのかというの対応ですが、非常に難しいです。

状況にもよりますが、数的不利であってもボールを奪えたら逆にチャンスがまた訪れる事になります。

なのでまずは奪えるかどうかの判断を瞬時に行う事。

ボールの溢れる場所を予測し相手のカウンターを受ける前にボールを奪う事。

それが無理なら遅らせて味方が戻るまで相手が前に進むのを防ぐ。


非常に難しいポジションです。

ボランチに良い選手がいるチームは強いです。


ボールを刈り取る、攻撃の循環剤になる、守備のバランスをとる。

やることは多いですが、サッカーの醍醐味の要素を全て経験できるので頑張って欲しいです。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com