小学5年生個人レッスン(天白区)〜ボランチでの守備〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:7レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。


サイドバックからボランチにコンバートした生徒様のレッスンでした。

守備面での違いで少し不安に感じていました。


サイドバックとの守備の違いについて。

中盤での守備はサイドバックの時と同様にまずインターセプトを狙います。

しかし間合いを詰めすぎず、自分のマーク以外の縦のパス(楔)も出来るだけカットできるようなポジショニングを取りたいです。

必然的にサイドバック時の守備のポジションとは少しだけ距離をとったポジショニングしたいです。


そしてインターセプトと味方が抜かれた時のカバーが出来る位置を連動して取り続けれるようにしたいです。


また味方の前線とDFの間のバランスを取れる位置を見つけポジショニングする。

それか間延びしないようにDFラインを動かしたりとDF時と同様の指示ができればなお良いです。


カウンター時の数的不利時にボール保持者にアタックするのか、遅らせて味方の戻りを待つのかというの対応ですが、非常に難しいです。

状況にもよりますが、数的不利であってもボールを奪えたら逆にチャンスがまた訪れる事になります。

なのでまずは奪えるかどうかの判断を瞬時に行う事。

ボールの溢れる場所を予測し相手のカウンターを受ける前にボールを奪う事。

それが無理なら遅らせて味方が戻るまで相手が前に進むのを防ぐ。


非常に難しいポジションです。

ボランチに良い選手がいるチームは強いです。


ボールを刈り取る、攻撃の循環剤になる、守備のバランスをとる。

やることは多いですが、サッカーの醍醐味の要素を全て経験できるので頑張って欲しいです。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com