小学5年生個人レッスン(天白区)〜ヘディングの練習法、片足ヘディング〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、サイドバック要素、ジュニアユースに向けて。


ヘディングが苦手、もっと上手くなりたいという子に為に練習法について記載致します。


二人組みでボールを投げてもらうか、

壁にボールを投げて帰ってくるボールに対し練習します。


最初は額の前で両手を構え、そのままキャッチします。

この時、目を瞑らない事と額の前でキャッチする事をしっかり意識します。


次は同じように来たボールに対し、

直前で両腕を後ろに引き(勢いがつくように)そのまま額にボールを当てて返します。

ここまでがヘディングの基礎の練習です。


さらに強くヘディングする為には、

腕を引く前に上体をそらし、

腕を引く力を利用して前に出ると強くボールを弾き返せます。


ジャンプヘッドの場合、

タイミングが難しくなりますが、

同じようにジャンプして額の前でキャッチする事から始め、

次にジャンプして直前で腕を引いて額で返すという風にタイミングを掴みましょう。


小学生年代では下から突き上げるようなヘディングをしてしまいがちです。

そして首を痛めたり、脳天でヘディングすることでヘディング直後に頭がとても痛かったりと、間違ったヘディングをしがちです。


上記のように額でしっかりボールを捉えれるようトレーニングしましょう。


ここからは片足でのヘディングを紹介致します。

試合中では止まった状態でのヘディングもあれば、

走りながらや戻りながらのヘディングもしなくてはなりません。


止まった状態では両足ジャンプのヘディングで十分ですが、

戻りながらヘディングや横に移動しながらのヘディング、

コーナーキック時などの前へのヘディングでは片足踏切でのヘディングが大変有効になってきます。


片足でのヘディングは練習なしでは習得できない技術だと思います。

まずは基礎のヘディング練習と同じように進めますが、

軸となる片足を前に出し半身になるように(少し横向きに)立ち、

上半身は前を向くようにします。


ボールが来たら後ろ足を膝から上げるようにして、上半身は後ろに反らします。

そして反らした上半身を挙げた足を後ろに蹴った反動を使い前に出し、

額でヘディングします。


片足でのジャンプヘッドはさらに難しくなりますが、

走り幅跳び(川をジャンプで飛び超える)と同じ感覚でなおかつ高く跳ぶのを意識し、

自分の一番高い打点でヘディングが出来るようになれば大きな武器になります。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com