小学5年生個人レッスン(天白区)〜パスボールがズレた時の反応速度〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:14レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。


ロングパスや近くのグラウンダーのパスにしてもしっかり足元にパスが来る事もあれば、

足元に欲しいにも関わらず左右にズレてしまう事は多々あります。

その時にしっかり反応出来る子と反応出来ない子では次の攻撃のチャンスになる可能性が変わってきます。

もちろん左右にズレたボールに対して反応出来る子の方が試合でも使いたい子となってきます。


ロングボールでも近くのパスにしても、

パスを出す相手が蹴った瞬間のボールの角度で自分に対してボールが真っ直ぐくるのかズレているのかはよく見れば分かります。

反応速度が遅い子はボールが近づいてきてから自分に対してボールがズレていることに気づき反応が遅れてボールを後ろに流してしまったりしっかりトラップが出来なかったりします。

そんな子はまず相手がボールを蹴った瞬間をよく観察して欲しいです。

ボールが少しでもズレていると思ったら自分の立ち位置もずらしてボールに対しての反応速度を上げて欲しいです。


近くのグラウンダーのパスではさらに難しくなりますが、

パスの起動に対しての反応と体を速く動かすことをトレーニングしましょう。


動き方は、

右にズレた場合は逆足の左足のつま先よりの部分で押し出すようにステップします。

左にズレた場合はその逆の右足で素早く押し出しましょう。


ズレたボールに反応できるか出来ないかはボール保持の部分でも重要になるのでどんなボールでも反応できるような選手になりたいです。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com