小学5年生個人レッスン(天白区)〜クロスを失敗しないように〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、サイドバック要素、ジュニアユースに向けて。


現代のサッカーではサイドバックが駆け上がりクロスを上げる事が多くなっています。


サイドの選手ではなくても、

フォワードや中盤の選手がクロスをあなければいけない機会があります。


その際、折角サイドを駆け上がってきて、クロスをあげても直接ゴールキーパーに取られてしまったり、ゴールラインを割ってしまったり、ディフェンスにカットされてしまったりするのを見かけます。


しっかり上げれれば大きなチャンスになるのですが、もったいないなと思うシーンをよく見かけます。


まずクロスの時に心がけたい事は、ゴールキーパーを外す事です。

そのままキャッチされてしまうとチームが前掛かりになっていた所をカウンターで攻撃されてしまいます。


ゴールラインを割らないよう、

GKも外すよう、

マイナスにボールを蹴る事が必要です。


クロスを上げる際は前にスピードを上げている事が多いです。

普通に蹴ってしまってはボールが前に移動しているので手前側を蹴ってしまい、

GK側に飛んでしまいがちです。


軸足は普通に蹴る時より前に置き、

しっかり腰を入れてボールの向こう側を蹴ってあげる事がポイントです。


ニア(近いゴールポスト側)にボールを転がす時以外は、

DFにカットされないようになるべく浮かせてクロスを上げれたらいです。

インフロントやサイドでボールの奥の下を引っ掛けて蹴ってみましょう。


また、DFがついてきていない時は、

中に切り込み、仲間を確認してピンポイントにパスを出せると得点の確率が上がります。


抜け出したらクロスを速く上げなくちゃと焦るのではなくて、余裕があれば中に切り込み、自分でシュートを選択する事も出来ます。


中の状況をしっかり把握し判断できるようにしたいです。


クロスを狙う場所はニア(近く)かファー(遠く)、マイナスの3つを瞬時に把握できるようにしましょう。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ