小学5年生個人レッスン(天白区)〜クロスを失敗しないように〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:サッカークラブで週3〜4回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎、ロングキック、サイドバック要素、ジュニアユースに向けて。


現代のサッカーではサイドバックが駆け上がりクロスを上げる事が多くなっています。


サイドの選手ではなくても、

フォワードや中盤の選手がクロスをあなければいけない機会があります。


その際、折角サイドを駆け上がってきて、クロスをあげても直接ゴールキーパーに取られてしまったり、ゴールラインを割ってしまったり、ディフェンスにカットされてしまったりするのを見かけます。


しっかり上げれれば大きなチャンスになるのですが、もったいないなと思うシーンをよく見かけます。


まずクロスの時に心がけたい事は、ゴールキーパーを外す事です。

そのままキャッチされてしまうとチームが前掛かりになっていた所をカウンターで攻撃されてしまいます。


ゴールラインを割らないよう、

GKも外すよう、

マイナスにボールを蹴る事が必要です。


クロスを上げる際は前にスピードを上げている事が多いです。

普通に蹴ってしまってはボールが前に移動しているので手前側を蹴ってしまい、

GK側に飛んでしまいがちです。


軸足は普通に蹴る時より前に置き、

しっかり腰を入れてボールの向こう側を蹴ってあげる事がポイントです。


ニア(近いゴールポスト側)にボールを転がす時以外は、

DFにカットされないようになるべく浮かせてクロスを上げれたらいです。

インフロントやサイドでボールの奥の下を引っ掛けて蹴ってみましょう。


また、DFがついてきていない時は、

中に切り込み、仲間を確認してピンポイントにパスを出せると得点の確率が上がります。


抜け出したらクロスを速く上げなくちゃと焦るのではなくて、余裕があれば中に切り込み、自分でシュートを選択する事も出来ます。


中の状況をしっかり把握し判断できるようにしたいです。


クロスを狙う場所はニア(近く)かファー(遠く)、マイナスの3つを瞬時に把握できるようにしましょう。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com