小学5年生個人レッスン(半田市)〜守備の対応(なぜ躊躇してしまうのか)〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:8レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。


試合を通して、守備の対応で課題が生まれた生徒様のレッスンでした。

フィフティーフィフティーのボールで躊躇してしまったり、

なかなか奪いに行けなかったりと新たな課題が提示されました。


守備ではまず間合いを詰める事。 (相手が蹴ろうとするボールに対して、ビビってしまう(躊躇してしまう)のは、過去に間合いが遠い為、相手が蹴ったボールが顔や胴体に当たってしまった経験があるかも。間合いを縮めれば足にしかボールが当たらないので痛くない。)


間合いは詰めるが足だけで一発で当たらない。(簡単に抜かれてしまう。)

抜かれても体を当てる事を意識する。


様々なパターンで間合いを詰める事。

相手を振り向かせない事。

足だけで一発でいかない。

体を入れる、体をぶつける事を重点にトレーニングしました。


そして相手にボールが入る瞬間に体を寄せてしまう事。

トラップの間際を狙う事を意識するだけで簡単にボールを奪う事も可能になってきます。


相手がボールを保持し完全に準備をさせてしまっては守備が難しくなるので、

いかに有利にボールを奪えるかをという点を意識してプレーして欲しいです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ