小学5年生体験レッスン(愛知県高浜市)〜一対一の間合い〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:体験レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


試合中(練習中でも)、完全に相手DFと一対一になる場面があります。

その場面でよく見受けられる事は、ドリブルで間合いを詰めすぎるという状況です。


きれいに抜こうと意識するあまり、

どんどん相手に詰め寄って、

最終的には足がかかったり相手の体にぶつかってしまったりする。


レッスンでよく行う一対一のトレーニングでは、

2メートルほどの正方形を使い斜めにドリブルで抜けるトレーニングがあります。


対立した点からスタートし、ボールを保持した側が相手側の斜めの線を抜ければ勝ちです。


スタートと同時に相手が詰めて来ますので、

いかに素早く、

相手より遠い線に向かうか?

ワンフェイント入れて逆の線に行くか?


簡単に勝負を終わらせるためには、この二択です。


実践でも同じで、

一対一の場面で相手に向かっていくのではなく、

十分な間合いで斜めに抜けてしまえば相手が追いつく前に交わす事が可能です。


一対一だ!

とあまりにも意識しすぎて、どんどん間合いが狭くなる。


その意識からスペースに速くドリブルで駆け抜けるというイメージに変えるだけでドリブルで相手を抜く事が簡単になっていきます。


相手を何人も抜いた所で試合は勝ちではありません。

点数に結びついて始めてチームを勝利に導けます。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com