小学4年生個人レッスン(半田市)〜右サイドに特化した1対1〜

最終更新: 2020年3月16日

学年:小学4年生(9歳)

経験:クラブで週3〜4回

回数:4レッスン

目的(悩み):トレセン2次試験合格、右サイドでの1対1。


前回に引き続き1対1の引き出しを増やす事、シンプルに抜く事を重点してトレーニングしました。

右サイドを主戦場にしている選手なのでその場面に特化し、

抜いてからセンタリングまでのスピード・マイナス方向への蹴り方、シュート(ゴールする)の為に相手を抜くドリブルの仕方をレッスンしました。


また攻撃の選手でも守備は非常に大切です。

1対1での守備の原則は、

まずゴールとボールの間に立つこと(シュートを打たれないよう守る)事。

抜かれない(遅らせる・前に行かせない、向かせない)事。

ボールを奪う事。

逆に攻撃(ゴールを奪う)事です。


ゴールとボールの間に立つ事は簡単に思えますが、なかなかむずかしいです。

ここでも周りを見ておく事(首振り)が大切になってきます。

相手はゴールを狙うために左右に何度も振ってきますが、常にゴールとボールの線上にいれるような優秀な守備を1対1では出来るようになりたいです。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ