小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。


サイドバックでスタメンで出場。

しっかり守れた。

積極的に前に出れた。

攻守の切り替えも早く出来た。

一段階段を上ったように見受けられました。


嬉しいご報告を受けました。


その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。

今回の生徒様では、

インフロントキックで高くボールを飛ばしたいと考え、

ボールをすくい上げるような意識が強すぎた為、強く蹴れていない状態でした。


高く蹴るにはすくい上げるんだと考えているようでした。


実際には、

ボールの下にしっかりと当てる事と足のどの部分に当てるかを徹底し、

そのまま(すくい上げること無く)蹴る事で必然的にボールは高く上がります。


そう説明する事で、

本人も理解できたみたいで何度か蹴ると上手く高くけれるようになりました。

そして体を斜めに傾ける事も追加し、

どのようにボールにアプローチするのかを徹底的にレッスンしていきました。


今回の事からも分かるように、頭で理解する事は非常に大切です。


指導者の中には、

違うよ。こうやるんだよ。

とプレーを見せるだけで子供は分かる(出来る)と考えている方もいます。


そうではなく、

説明も添え正しく理解出来る事が重要だと考えております。


実際に見るだけ(プレーを見せるだけで)分かるのなら、

ここまでボールを高く蹴る事で悩んでいる子が多いはずがありません。


子供の中には間違った理解を訂正されずにサッカーをプレーしてる子も多いはずです。


頭で正しく理解出来ることで、プレーも上達していくと考えています。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

小学3年生個人レッスン(一宮市)〜新年初レッスン・どの状態でもパスを正確に出せるように〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:最近スクールにて始めたばかり 回数:5レッスン 目的(悩み):初心者でいち早く周りに追いつきたい。 新年の初レッスンとなりました。 一宮市の3年生の生徒様でした。 12月の終わりに会った時にリフティングの自主練習が出来るようにお話していました。 今回会った時、しっかり家で自主練習を行っているようで、 一回づつのタッチが安定していました。 今回は止まっている時はしっか

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com