小学4年生個人レッスン(中区)〜左右の足を同じように使う意識〜

学年:小学4年生(10歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。


今回は強豪チームに通う中区の生徒様でした。

レッスンを始めパス交換をしていると、

なんだか利き足ではない左足ばかり使ってるなと思い、

指摘すると、「左足が上手くなりたい!」と答えてくれました。


利き足とは逆の左足を自ら上手くなりたいと思っているので、

良いチャンスだと思いました。


苦手な事に大して自ら興味を持ち成長したいと考えている時こそより早く成長できる時期と感じているからです。


そして今回のレッスンでは、

パスやトラップロングキックを両足を同じように蹴っていくだけでなく、

ドリブルやキープの際に左右の足を使っていく事に重点して行いました。


特にドリブルキープの際に相手とボールの間に自分の体を入れ、

相手から遠い足でキープする時、

左右の足を同じように使えれば非常に有利になります。


敵からすれば大変ボールが取りにくくなるようなボールキープが可能になります。


利き足と逆足の練習では、ロングキックやパスだけに着目するのではなく、

ドリブルやキープの際の逆足を利き足と同じように使えることも重要になります。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ