小学4年生個人レッスン(中区)〜初回レッスンの振り返り〜

学年:小学4年生(10歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。


強豪チームに所属する小学4年生の生徒様の初レッスンでした。

目標としてスタメンを獲得する事。

基礎の確認ではサイドキックやインステップキックはとても上手に蹴れていました。

小学生年代で最も苦手な子が多いインフロントキックでは、

サイドキックぎみに蹴ってしまっていたので、少しつま先に近い位置で蹴るイメージをもって修正していきました。


ボールタッチのトレーニングでは、

ツータッチ(サイドキックやインステップでの)で相手の胸元へ返す事が、

最初は出来ませんでした。

しかしアドバイスの元、徐々に感覚を掴みすぐに習得出来ました。


腿のトラップでは、足を上に上げすぎてたのでトラップをするというより腿で蹴り上げている状態でした。

クッションのように力を抜きボールを当てるだけという感覚でアプローチしました。


胸のトラップでは毎回ジャンプしてしまうので、ジャンプなしでも胸を張る事でボールをバウンド(トラップ)出来るように修正しました。


一対一のトレーニングでは、

間合いの確認と相手を抜く角度に着目しレッスンしました。

常時全力でドリブルしてしまうという問題が有ったので、脱力とスピードアップの切り替えを出来るようアドバイス致しました。

守備に関して生徒自身が不安があるようでしたので、

半身の態勢を意識する事から始め、相手を狭い場所に追いやる事にアプローチしました。


多くのことを伝えましたが、

少しでも今日のレッスンでのアドバイスを覚えていてくれて、

いつもの練習でもトライできると嬉しいです。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

小学3年生個人レッスン(昭和区)〜課題(弱点)を意識した自主練習を〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:スクールで週2回 回数:4レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、スクールで上のクラスに上がりたい。 半年ぶりのレッスンとなりました。 前回のレッスンでの課題となった、サイドキックやトラップの時につま先が下に落ちてしまい安定しなかった点とリフティングの安定感の部分で見違えるほど成長していました。 会わなかった期間で自主練習を頑張っていたのがとても感心しま

年長個人レッスン(北区)〜継続=成長〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:7レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 今回は帰宅の年長さんのレッスンでした。 ドリブルがとても得意な生徒様ですが、 なかなかサイドキックでまっすぐ相手にパスをするのが苦手でした。 それでも自主練でも親子でパスの練習を取り入れてくれたり、 レッスンでもまっすぐ出す事、しっかりサイドキックで蹴る事を意識してきました

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com