小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:11レッスン

目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。


学年:小学4年生(9歳)

経験:少年団で週何度か

回数:13レッスン

目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。


試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさせたら勝ちという法則もあります。)


一対一の攻めの際、

相手の伸びてきた足を交わす事が上手く出来ても、次の一歩(タッチ)を意識出来ていない子が多いです。


次の一歩(タッチ)を意識するということはどうゆうことか。

相手を抜いた次のタッチで即シュートなのか、

それともドリブルを選択し、そのボールタッチをどこに運ぶのかという事です。


せっかく一対一で上手く抜けたとしても、

次の判断に時間がかかってしまうと先程抜いた相手が戻ってきてしまいます。


例えば抜いた先にGKしか居ないのであればシュートを考えたいです。


シュートまでに時間がかかる場合(ゴールまで遠い、他のDFもいる)は、

先ほど抜いたDFが戻ってくる事態を回避したドリブルをしたいです。


次のタッチで相手の進路を潰してしまう等の意識ができたタッチが出来る事、

完全に抜ききる事に意識せずコースを空けてシュートやパスが出来るようになる事が、

試合で使える一対一の重要なポイントになってきます。


サッカースクール・クラブを開設致しました。

年長〜小学6年生までの生徒を募集しております。

(他チーム在籍者もご参加頂けます。)

子供たちが初めてサッカーにふれあえる場所として、キッズ年代(年長)の月謝を無償化。

(年会費・保険別途有)

初心者はもちろんの事、伸び悩んでいる子供たちを1から育成致します。

小学生年代の弱点(悩み)として最も多い、基礎技術と土台の形成・体幹や体の使い方を重要視したトレーニングを心がけ弱点から強みに。

詳細は下記HPよりご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

https://www.ymv-sports-mgt.com/acprimonte

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力