小学3年生個人レッスン(西区)〜練習をいかに試合と近い状況に寄せれるか〜

学年:小学3年生(9歳)

経験:サッカークラブで週5回

回数:4レッスン

目的(悩み):止めて・蹴る、ドリブル突破、基礎の定着。


試合で中々シュートが決められない、

弱々しいシュートになってしまうといった悩みをもった生徒様のレッスンでした。


練習のシュート練習で多いのは、

ノープレッシャーで敵もいない、

いるのはGKとパス出しの味方だけです。


これでは試合と同じ状況と言えません。

練習だからまずはシュートをしっかり打てる事を重点するにしても、

いつまでも同じ練習だと試合でのプレッシャーの中ではゴールを決める事が出来ません。


そこで今回はトラップからのシュートの時間をなるべく早く、

試合と同じように焦った状態に近くしていき、

とにかくミートを上手く当てる事に重点しました。


敵がいなくてもトラップから無理やり早くシュート打てるようにするだけで、

いつもどおりのシュートが打てません。

色々なタイミングでシュートを打てるようになるための練習にもなります。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com