小学3年生個人レッスン(西区)〜休息日の考え方〜

学年:小学3年生(9歳)

経験:サッカークラブで週5回

回数:4レッスン

目的(悩み):止めて・蹴る、ドリブル突破、基礎の定着。


日本ではまだまだ上手くなるためには毎日長い時間練習をしなくてはならないという風潮が多いと感じます。


私が高校生の時代も、

一体いつになったら練習が終わるんだ?

週末は丸一日練習。

といった日々でサッカー自体好きかどうか分からなくなる(嫌になる)瞬間もありました。


現代では練習時間も2時間以内が良いという事案もでてきて改善はされてきましたが、

それでも親世代はそういった教育を受けていないので、

毎日別のスクールや習い事を詰め込んでいたりもします。


休息は練習と同じように大切な事です。


子ども自身が好きでやりたくて自発的に行っているのであれば少しの時間なら問題無いかもしれません。

しかし週2日は無理矢理にでも休息をさせてあげたいのが本音です。


休息をという余白を与える事で、

サッカーがやりたいという気持ちが膨れ上がる事でも練習成果がアップするでしょう。


子供達は疲れていてもやりたい事はずっとやり続けてしまいます。

また真面目な子、負けず嫌いの子は、疲れていても顔に出しません。


怪我をしてしまって長期離脱となれば、何日も無駄な時間を過ごしてしまいます。


今一度休息日を考え直してみてほしいです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com