小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:サッカークラブで週2〜3回

回数:21レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。


先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。

多くのマンツーマンレッスンを指導し、

チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。


今回は当マンツーマンレッスンとサッカースクールでどう指導内容が変わってくるのかを紹介したいと思います。


生徒様の悩みや目的にもよりますが、

先日のレッスンでの内容はドリブル鬼ごっこ・速いドリブル(より正確に速く)・1対1の打開・パスからの動き出しシュート・リフティング(悩み)・ロングキック(悩み)でした。


チーム練習の指導内容となると、

体幹とアジリティへのアプローチ・ゲーム・ゲームで見つかった問題点への改善練習(例えばパスの質や動きの改善のためのパスアンドゴー)・ゲーム(改善点を踏まえた復習)となります。


マンツーマンレッスンではより個人の技術や悩み・目的に応じた内容のトレーニングになりますが、チーム練習ではサッカーの理解と攻略が目的となります。


ACプリモンテでは基礎と体幹の重要視を目的としています。

体幹とアジリティの部分へのアプローチは必ず含めますが、

それ以外はゲーム中心でトレーニングしていきます。

ゲームとゲームの間に、

最初のゲームで見つかった問題点(主に基礎の観点で)へのアプローチしたメニューを行い、

次のゲームで実際に改善していきます。


サッカースクール・クラブを開設致しました。

年長〜小学6年生までの生徒を募集しております。

(他チーム在籍者もご参加頂けます。)

子供たちが初めてサッカーにふれあえる場所として、キッズ年代(年長)の月謝を無償化。

(年会費・保険別途有)

初心者はもちろんの事、伸び悩んでいる子供たちを1から育成致します。

小学生年代の弱点(悩み)として最も多い、基礎技術と土台の形成・体幹や体の使い方を重要視したトレーニングを心がけ弱点から強みに。

詳細は下記HPよりご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

https://www.ymv-sports-mgt.com/acprimonte

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力