CPサッカー小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ゴールキーパートレーニング〜

最終更新: 2020年3月17日

学年:小学3年生(8歳)

経験:部活動で週1〜2回

回数:月に2〜3回

目的(悩み):GKもやってみたい、パントキックを遠くに飛ばす


定期的にレッスンを受けて頂いている生徒様の要望でゴールキーパーレッスンをしました。

悩みは、ゴールキーパーでも時々試合に出るからうまくなりたい。

パントキックがうまく飛ばない。


キャッチングにも3種類あり上・真ん中・下と場所によってキャッチングの方法が変わってきます。

転がってくるボールをキャッチングする時、小学生年代の子供はよくトンネル(股を抜ける事)をしてしまいます。

キャッチングの基礎を練習することでトンネルという初歩的なミスはしなくなります。


次にパントキックですが、インステップキックで綺麗に当てます。

強く蹴らなくても思いの外ちゃんと足の甲に当てるだけで遠くに飛びます。

強く蹴ろうと意識しすぎて蹴るよりは、ちゃんと的確な位置で蹴ることを意識します。


普段ゴールキーパーをしない子でもゴールキーパーを経験しておくと、シュートの際どこを狙えばキーパーは嫌なのか、ここにパスを出せばキーパーは飛び出せない等理解できるきっかけになります。

ゴールキーパーを体験しておくことはとても重要な事だと思います。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com